東京都内で40度超えの暑さ 「働く気しない」「会社休みにしよう」と悲鳴が続出

東京都内でも40℃の高温を記録。うなだれるような暑さに「仕事を休みにすべき」「猛暑休み」と叫ぶ声も。

地域

2018/07/23 15:00

(nikoniko_happy/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

猛暑日が続き、熱中症に倒れる人たちが相次いで報道されている。ネット上でも「ことしの夏は暑すぎる」との声が数多く見受けられ、猛烈な暑さにうんざりしている人は多い。

そんな中、東京都内でも40℃を超える猛烈な暑さを観測。「もう働きたくない」「会社休んだ」といった悲鳴があがっている。



 

■「暑さがヤバイ」「寒暖差にやられる」

『ウェザーマップ』によれば、東京都青梅市で午後1時前に40.3℃を観測したという。関東としては5年ぶりに40℃以上の高温を記録し、都内で40℃以上は観測史上初だ。

気象庁のサイトでは、午後1時の時点において、全国927の観測地点のうち623地点で30℃以上の真夏日、 195地点で35℃以上の猛暑日を記録している。まさに「今年一番の暑さ」といっても過言ではないほどの暑さだろう。

ツイッター上でも「暑すぎる」「溶けそう」と暑さにうなだれる人が相次いでいる。また、外の暑い気温と、オフィスや教室など空調が効いた寒い部屋との寒暖差に体調を崩している人も。


関連記事:セブンイレブン、生ビールサーバーの提供中止 「当たり前でしょ」と厳しい批判も

 

■「酷暑休み」の提案も…

40℃を超える気温は、働く人にとっては死活問題だ。とくに外で働く人は、水分補給や体調管理に気をつけたとしても、じりじりと体力を奪う暑さの中で普段どおりのパフォーマンスで仕事をするのは難しいだろう。

そのため、「40℃を超えたら仕事休みにしよう」「命にかかわるくらいだったらもう休みにして」といった言葉が相次いでいる。

https://twitter.com/sinosino1969/status/1021261678661419008


■熱中症になったことがある?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「熱中症」について調査したところ、約2割が「経験あり」と回答した。

しらべぇ既報によれば、約半数が「熱中症対策をしている」と回答しているが、それでもこの暑さでは「対策をしているから大丈夫」と安心もできないだろう。


「酷暑休み」を提案する人も少なくないが、それだけこの暑さのつらさを多くの人が実感しているということだ。くれぐれも体調を崩すことのないように、熱中症対策を気をつけたい。

・合わせて読みたい→吉木りさ&和田正人の結婚式 misonoの服装に「おかしい」「パジャマみたい」

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1342名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)