勝俣州和の褒め発言が「女性蔑視」と物議 「悪かったな」「無神経」と賛否相次ぐ

勝俣州和の発言が「女性蔑視」と物議を醸している。「卑屈にとりすぎ」の声も…。

■「出産した母ちゃんは強いよ」と共感も

勝俣の何気ない一言が物議を醸しているが、一方で「悪い意味ではないと思う」「たしかに強くなった」と勝俣に共感する声も。勝俣の発言に「出産していない女性への悪口」と受け取ってしまった投稿者だが、「卑屈になりすぎ」「神経質すぎる」といった声も寄せられている。

・そんな卑屈にならなくても。私は出産経験がありますが、産後は強くなるんですよ

 

・何も間違ったこと言ってないと思うけど。出産した母ちゃんは強いよ。出産の前と後ではぜんぜん違うもん。強いよ

 

・無神経っていうか、主が神経質すぎるのでは…。私も子供産んだことないけど、なんとも思わないし、実際に守るものがある女性は強いなーって思うよ

 

■いいこともネガティブにとりがち?

「卑屈」「ネガティブ」といった投稿者に対する批判も起こっているが、しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,363名に「自身の性格」について調査したところ、4人に1人が「いいことさえも悪く考えるほどネガティブ」と回答した。

いいこともネガティブに性年代別グラフ

「母は強し」と言った勝俣に対しても「私をバカにした」と感じてしまう人もいるようだ。

 

掲示板の多くは「気にしない派」だったが、何気ない一言でも傷つく人がいるのも事実。常に炎上のリスクを抱える芸能人は大変だ。

・合わせて読みたい→ウド鈴木、「山形県民を剥奪」の危機? 勝俣州和の「いとこ煮」知識がすごい

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,363名 (有効回答数)

あなたにオススメ