誰よりも苦労をしていると思っている人に… 「他人と比べても」の声も

なぜ苦労ばかりで、幸せにはなれないのか。

ライフ

2018/07/24 08:30

人より苦労
(©ぱくたそ)

自分と他人の人生を比べて、「なんて自分は、恵まれていないんだろう」と嘆いている人もいるだろう。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,361名に「人生について」の調査を実施した。

「自分は人よりも苦労をしているほうだと思う」と答えた人は、全体で36.7%。どのような面で、不満を抱えているのだろうか。



 

■就職氷河期の苦労

性年代別で一番多いのが、40代男性である。

人より苦労性年代別グラフ

40代前半はちょうど、就職氷河期を経験した世代。社会に対して思うところは、たくさんあるだろう。

「大学を卒業しても就職先が決まらず、ずっとフリーターをしていた。30歳でようやく正社員になったけど、会社がブラックで精神的にやられ退社。


今は社会復帰して働いているけど、そんな経歴なので収入が低くて…。将来を考えると、不安感しかない」(40代・男性)


関連記事:サッカー日本代表・乾貴士の「セルジオ越後さんめっちゃ嫌い」発言に騒然

 

■嫌なことばかりに目を向けすぎなだけかも

誰でも、苦労を感じながら生きている。

「環境の格差は確かにあるだろうけど、誰でもつらい経験はしている。それでも表向きに暗い部分を出さずに、人に優しくできる人はすごいなと思う」(30代・女性)


嫌なことばかりに目を向けて、幸せに気づけないパターンも。

「寂しさやつらさをアピールする人は、すべてを悪いように受け取っている。


楽しいことがあったとしても、その中から無理にでも嫌なことを探す感じ。そんなことをしていては、いつまで経っても幸せにはなれないと思う」(20代・女性)


■人と比べると不幸に目がいきやすい

婚約破棄の経験がある人は、半数以上と高い割合になっている。

人より苦労傾向別グラフ

確かに結婚が破談になったのは、かなりの苦労に違いない。

「人と比べるのは人間の性なのかもしれないけど、上を見ても下を見てもきりがない。誰かを羨むと自分の足りない部分に目がいってしまい、不幸だと思えてくる。


どうせなら、同じような境遇なのに幸せそうな人を意識すれば、少し希望が出てくるのでは?」(30代・男性)


今の状況から、幸せと思えることに目を向けるのが大切なのだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)