『FNSうたの夏まつり』miwa&ももクロのコラボに不満続出 「声消される」も5人歌唱のワケ

miwaとももクロがコラボした「miwaクロ」のステージに不満の声が。

miwaクロ
(画像はmiwa公式LINEブログのスクリーンショット)

25日放送の『2018FNSうたの夏まつり』にて、シンガーソングライターのmiwaが、ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)とコラボレーションしたステージを披露。

「うたまつり」の名に相応しい華やかなスタージとなったが、そこでの「ももクロのパフォーマンス」に視聴者から不満の声があがる事態となっている。


 

■『君に出会えたから。』でコラボ

miwaがももクロのファンであることを公言して以降、「miwaクロ」というユニット名で度々コラボレーションステージを披露している両アーティスト。

25日のステージでは、miwaのヒット曲『君に出会えたから。』に、ももクロのメンバーたちがダンスとコーラスで参加。

今回はダンスだけでなく、ももクロメンバーたちが歌でmiwaをサポートする場面も目立ち、前奏や間奏のコーラス部分に加え、Bメロやサビの部分では、miwaの主旋律に厚みを出すいわゆる「ハモりパート」を歌唱。

夏らしい疾走感のある曲に、ももクロメンバーたちの「賑やかさ」が加わり、ステージがより華やかに彩られた。


関連記事:元ももクロ・早見あかり、年内結婚へ 「アイドルだったの?」と驚きの声も

 

■「一緒に歌った」ことに不満の声

しかし、賑やかになったmiwaのステージに、視聴者から不満の声が。「歌はmiwa単体で聞きたかった」との声が相次いでいる。

「生歌はすばらしい」「ダンスを踊りながら、キーの高い曲のハモりパートを歌唱することは至難の技」としたうえで、結果的に不協和音が発生していたことに「なぜ(ももクロに)歌わせた? 」という疑問の声が多数あげらる事態に。

次ページ
■「miwaの喉」を心配する声も

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ