『バイキング』坂上忍、剛力彩芽と前澤氏に苦言 「見てて気分悪い」と批判相次ぐ

剛力彩芽と前澤友作氏の騒動について、『バイキング』で坂上忍らがトークを展開。本心ではどうでもいい?

坂上忍

しらべぇ既報のとおり、ZOZOTOWNなどを運営するスタートトゥデイ社の前澤友作氏と交際中の女優・剛力彩芽がインスタグラムの投稿を削除したことが話題だ。

このことについて、26日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で俳優・坂上忍ら出演者による批判が注目されている。


 

■「事務所のハンドリング効いてんの?」

番組では、一連の騒動についてトークを展開。ネット上で批判が相次いだことに「ただの嫉妬」と同情しながらも、前澤氏が自身のSNSに剛力の話題を出すことについては疑問のよう。

前澤氏が27日に投稿した「何が起こるか分からないのがSNSだね、って結論になりました」「それが私たちの考えです」といった発言や、ほぼ同時刻に剛力も同様の内容を投稿したことに、「彩芽ちゃんって事務所のハンドリング効いてんの? CMとかたくさんやってる人なんでしょ?」と芸能人としての姿勢に言及した。

さらに、前澤氏の一連のSNS投稿に、「この煽りを彩芽ちゃんをはめ込まいでくださいって思う。女子だし」と心配の声をあげた。


関連記事:猫を飼ったヒカキンに猫好きが落胆 「保護猫を飼って」「影響力あるのに残念」

 

■仕事だからトークしただけ?

また、コメンテーターの薬丸裕英は、剛力がインスタ復帰後に初投稿した「たくさんの方に支えていただいている」という内容の後、「どうせなら楽しく発信したいです。それが私たちの考えです」と投稿したことに「この投稿はダメなんじゃないの?」と苦言を呈した。

女優・杉本彩も「でもねぇ、これくらいの若い女の子ってね、男の人ができると変わる」とコメント。薬丸も坂上もうなずいて同調する。

そして、散々トークした後、坂上は「腹の中では『好きにやりゃいいじゃん?』って思ってる」と締める。出演者らも同意し、あくまでも「仕事」としてトークしただけというスタンスを見せて話題は終了した。


次ページ
■「不愉快」「批判してるだけ」