要潤、1日1うどん生活を明かす オーラは「体の内側から出る」

「うどん県。それだけじゃない香川県」プロジェクト「大人うどん県」プロモーション映像プレス発表会に要潤と木内晶子が登場。うどんオーラについても披露した。

木内晶子、要潤

27日、「うどん県。それだけじゃない香川県」プロジェクト「大人うどん県」プロモーション映像プレス発表会が行なわれ、俳優の要潤と木内晶子が登場。香川県の魅力や撮影について語った。

 

■8年一緒だけど…

今年で「うどん県副知事」に就任して8年目の2人は、プロモーションムービー内での格好で登場。

要は「木内お嬢様をサポートする執事」らしく、ビシッと決まっている。

要潤

「旅するお嬢様」木内は、真っ赤なワンピースでシックに。

木内晶子

8年間一緒に香川県をPRしているが、会うのは1年に1回だそう。「いつも、1年間早いねって話をしています」と2人で笑う。

 

■骨付鳥を3本ガブリ

プロモーションムービー内では、香川県内の観光地を巡りながら、各地で美味しいグルメを木内お嬢様が満喫。

木内晶子

中でも丸亀の「骨付鳥」は印象的だったといい、「プライベートでも、お店でパクッと(大口を開けて)食べたことがなかったので…。その時だけはお嬢様を忘れて、豪快さを楽しみながら幸せな気分でいただきました」と微笑む。

要潤

そんな骨付鳥を撮影では3本ほど食べたと明かし、要は「僕でも2本は食べたことありますが、3本はすごいですね!」と驚きながら、「いつかお嬢様超えをしてみたい、3本超えしたいですね」と宣言。

 

■外国の人から「うどん屋さん、どこ?」

要潤

要といえば、2月に「外国の人から『うどん屋さんはドコデスカ?』って聞かれた」とTwitterで明かし、話題に。

その時について改めて問われ、「待ち時間に立っていたら、『うどん屋さん、知っていますか?』って。狙って聞いているのか、偶然なのか、真意はわからないんですけど…僕はうどん屋を知っているオーラが出ていたんでしょうね、外国の方から見ても」と笑う。

木内晶子、要潤

そんな経験がないと言う木内に「まだ足りないんでしょうね」と返し、「うどん屋オーラは1日1食必ずうどんを食べていると、雰囲気として内側から出てきます!」と、そのオーラの源を披露した。

・合わせて読みたい→うどん県副知事・要潤「すすり音で乳児泣きやむ」と自らアピール

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(10枚)

あなたにオススメ