しらべぇ

熱中症対策に大切な「水分」 水分補給に水を選ぶ人は…

正しく飲んで、体を守ろう。

ライフ

飲み物は水を飲む

(©ぱくたそ)

想像を超える暑さが続き、熱中症対策の重要性が叫ばれている。熱中症対策で大切なのが、水分と塩分。特に水分は、意識的にこまめに取る必要がある。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,498名に「水分補給について」の調査を実施。

「飲み物は基本的に水を飲むほうだ」と答えた人は、全体で30.4%だった。水分補給といえば水をイメージするが、残りの7割の人は他の飲み物を飲んでいるのだ。

 

■味のないものにお金を出すのがもったいない

性別や年代で、規則的な変化は見られない。

飲み物は水を飲む性年代別グラフ

加齢と共に健康に気を遣うようになり、水を選ぶわけではないようだ。

「コーヒーが好きなので、1日に何杯も飲んでしまう。今はコンビニでも手軽に買えるから、つい飲み過ぎる」(40代・男性)

 

「体に良くないとはわかっているけど、飲み物はジュースとか味があるものが好き。わざわざお金を払って水を買うのって、もったいない気がして…」(30代・男性)

 

■酒やカフェインは水分補給にNG

アルコールを最も飲んでいるという人もいる。

「おそらく一番飲んでるのは、お酒だと思う。さすがに仕事中は飲めないけど、仕事帰りに飲み屋に寄ったり家でビールを飲んだりするのが日課だから。

 

こんな暑い日はさらにおいしく感じるから、量も増える」(30代・男性)

 

アルコールには利尿作用があるので、水分補給には向いていない。カフェインを含む、コーヒーやお茶も同じ理由で控えておいたほうがいい。それでもやはり、水だと味気ないと感じてしまうのだろう。

 

■水を買うのがもったいない

中には、「水にお金を払いたくない」という人も。

「外出時には、水筒に入れた水を持ち歩いている。500ml入るのを使っているけど、暑い日はこれでも足りないくらい。

 

ただ買うのももったいないので、少しずつ飲みながらなんとか持たせている」(20代・男性)

 

他の飲料に比べ、金額が安い水。わざわざ買うのは…と思っても、我慢せずに購入したほうが体にいいだろう。

・合わせて読みたい→水を飲むなら常温派 喫煙者が嫌いな人が多い理由とは…

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,498名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu