いつかはきっと幸せに… 人生振り返ると不幸が多かったと思う人たち

このまま死ぬまでまで、不幸なのかな?

ライフ

2018/07/30 10:00

人生振り返ると不幸のほうが多かった
(©ぱくたそ)

自分の人生は、他人と比べて恵まれたものでなかったと考える人もいるだろう。子供の頃の経験は人格形成に影響を与えるため、今もネガティブな気持ちを抱えたまま生きているなら悲しい話だ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,477名に「人生について」の調査を実施。

「これまでの人生を振り返ると、不幸のほうが多かったように思う」と答えた人は全体で31.2%と、残念ながら一定数いるようだ。


 

■思春期の傷はその後に影響か

思春期の頃に不遇な環境にいた人は、そのイメージを抱いたまま大人になる人も多い。

「学生時代は友達がいなくて、いじめっぽいこともあった。今もコンプレックスが抜けなくて、自己肯定感が低い。


常にネガティブな感情でいっぱいだし、このままで一生終えるのかなと思うと絶望しかない」(20代・女性)


家族の仲が良くない場合にも、心に傷を負いやすい。

「親の仲が崩壊していて、頻繁にケンカをしていた。そのとばっちりが私たちに向くこともあり、父に怒鳴り散らされたことも。


そんな環境で育ったから、自分が家族を持つのが怖くて仕方がない。私の気持ちも知らずに、母は『いい人はいないの?』とか聞いてくるし」(30代・女性)


関連記事:峯田和伸のキスに「気持ち悪い」「さとみ可哀想」 『高嶺の花』展開に賛否

 

■就職氷河期世代は働くことで苦労を

社会情勢から、恵まれない環境に置かれた人たちもいる。就職氷河期世代も、その一つだ。

「就職氷河期世代だから、働くことには本当に苦労した。どんなに就活をしても、採用なんて夢のような状態だったから。


そのままフリーターになり、ようやく小さな会社に就職をしたけど収入は相変わらず低い。これを自己責任と言われても、やっぱり納得できないな…」(40代・男性)


■ないことに目を向けるより今あるものを

性年代別でも、女性に注目すると興味深い結果がわかる。

人生振り返ると不幸のほうが多かった性年代別グラフ

年代が上がるほどに、割合が減っているのだ。

「クラスに友達ができずにぼっちだったこともあるし、親は自分の思い通りにならないと殴るような環境だった。


若い頃は、精神的な安定が得られずに自分を責めてばかり。青春時代は、大きく棒に振ったと思う。でも今、ようやく心が安定してきた感じがする。


ないものを求めるよりも、今あるものに目を向けるのが大切だとわかった。それに気づくまで40年くらいかかったけど、これからの人生は幸せな気持ちで生きたいと思う」(40代・女性)


今は不幸ばかりだと思っている人も、どこかで一筋の光が見えるかもしれない。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)