メンタリスト・DaiGo 、年6億円を荒稼ぎする「悪賢い」ビジネス戦略を激白

『坂上&指原のつぶれない店』にメンタリストのDaiGoが登場。「テレビに出なくてもよくなった」ほどの荒稼ぎを告白した…

メンタリスト,DaiGo
(画像はメンタリストDaiGo公式Twitterのスクリーンショット)

心理学に基づくテクニックを駆使し、人間心理を読んで誘導する技術「メンタリズム」を提唱する、メンタリスト・DaiGo(31)が、29日放送『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)に登場。

年6億円を稼ぐビジネステクニックを披露。さらに「人は恋するとチンパンジーになる」と失恋経験を語り、視聴者の関心を集めている。


 

■テレビ出演が減少しても優雅な生活

都内一等地、推定家賃100万円の4LDKマンションで猫と暮らすDaiGo。高級家具や趣味の料理のために用意した最新の調理器具に囲まれ、優雅な生活を送っている。

テレビ出演は激減したが、その理由は「テレビに出なくてもよくなった」ほどの収入を得ているから。DaiGoは大きく分けて3つのビジネスで「年6億円稼いでいる」と明かす。

 

■3つのビジネス

まずは書籍の執筆。2週間に1冊のペースで発行しこれまでに50冊以上出版、230万部を売り上げているが、通常10%程度の印税をDaiGoは「(自分の本は)売れるから、16%貰っている」と告白。

また、1冊の本から、図解・漫画・オーディオブックなど関連本が発行されるため、1冊、本を執筆するだけで何もしなくても追加で印税が入ってくるカラクリが語られる。

ここから、本に書いた内容で月4回・年48回も講演会を開催。通常は高くても100万円ほどの講演料の中、1時間300万円という強気の価格設定で1億4000万円を超える収入を得るという。

さらに、メンタリズムを活かした「アプリ開発」などの企業コンサルティングもDaiGoの大切なビジネス。「定額なら月100万円以下はやらない」DaiGo、現在は15社と契約し1億8000万円を荒稼ぎしていた。

次ページ
■「悪賢い」ビジネス戦略とは

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ