生活があるのに…「勝手にシフトを削る会社」の最低行動3選

働く人に説明もなくシフトを減らす会社もあるようだ。


 

③経営が戻ったら有無を言わさず…

「会社の売上が悪いときに、出勤制限がかかりました。それほど売上が傾いていたので、しょうがないか…と思い、みんなアルバイトをしながらしのいでいて。


でも、しばらくして持ち直してきたら有無を言わさずに、また週5日出勤を当たり前のように求められて…。こっちにもお世話になっている別のバイトがあるから、そんな簡単に辞められない。


ちょっと自分勝手な会社だと思ってしまった」(20代・男性)


関連記事:クロネコヤマトの配達員が刃物男を取り押さえる 容赦ない殴打に「スゴすぎ」の声

 

■困った経験者は2割!

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代男女1,498名を対象に調査したところ、「会社側の都合で、勝手にシフトを減らされて困ったことがある」と答えた人の割合は16.8%。

シフト

たとえ週に数日のアルバイトやパートであっても、生活がかかっていることもある。どうしてもシフトを削らないといけないとしても、きちんと社員と相談をしてから調整してほしいものだ。

・合わせて読みたい→『バイキング』坂上忍、剛力彩芽と前澤氏に苦言 「見てて気分悪い」と批判相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1498名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)