高須院長、東京医大の一律減点に「東京男子医科大に改名すれば」 共感の声が続出

東京医大の一律減点問題について、高須クリニック・高須克弥氏が持論を展開した。

高須克弥
(画像は高須克弥氏公式ツイッターのスクリーンショット)

高須クリニック院長・高須克弥が1日、自身のツイッターを更新。

東京医科大学医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点を一律減点していたことを受け、持論を展開して話題になっている。

 

■「東京男子医科大に改名すればよい」

報道を受け、ネット上では「人生を狂わせた」「信用できない」と非難の声が相次ぐ。受験資格は男女ともにあるにも関わらず、男子受験生だけが優遇され、女性が差別されている。

高須院長は、この問題について「強い信念があるなら東京男子医科大に改名すればよい」とツイート。東京女子医科大学があることを理由に、いっそ「男子大学」にしてしまえ、ということなのだろう。

 

■「そう思います」「同感です」

高須院長の投稿に、ユーザーからは「私もそう思います」「隠れてやるのが一番良くない」と共感の声が相次いだ。

・私もそう思います。私立なんですから、欲しい学生を自分達で決めればいいんです

 

・同感です。差別ではなく『区別』ですね。女子を一律減点する位なら男子のみ募集にしないと

 

・仰る通りです。確固たる信念があるならば、堂々と「東京男子医科大学」に改名して男子のみの大学にすれば良いのです

 

・私立ですから、問題なし! 公立だと問題ですよ。私立だもん、お好きにどうぞどうぞ

 

■過去には裏口入学の問題にも言及

不祥事が相次ぐ東京医大。裏口入学が報じられた際、高須院長は自身が卒業した昭和大学医学部について「僕も裏口入学だよ」と明かしていた。

今回の件も、高須院長が言うように「強い信念」があれば一律減点などという卑劣な行為ではなく、堂々と「男子のみの入学」としてほしいと思うのも無理はない。

 

「信用が落ちきった」と批判されている東京医大だが、時代を逆行するかのような今回の問題について、どのような対応を見せるのだろうか。注視したい。

・合わせて読みたい→東京医大、女子受験生を一律減点 卑劣な行為に「差別であり詐欺」と非難轟々

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ