社長に「貢物」を献上する決まりのまるで独裁国家 家族経営のブラック企業がヤバすぎる

投稿者はブラック企業から転職したものの、次もブラックな会社の罠に…。

王様
(Studio-Annika/iStock/Thinkstock)

家族経営の会社というと、一見アットホームな印象もあるが、ひとつ間違うと法律よりも「家のルール」が優先するブラック企業に陥る恐れも。

GPSを使って残業時間の証拠を自動で記録できるスマホアプリ『残業証拠レコーダー』を開発した日本リーガルネットワーク社には、そんな家族経営系のブラック企業エピソードも寄せられた。


 

■ブラック企業からブラック企業に転職

ブラック企業に縁が深いというSORAさんは、現在もかなりヤバい会社に勤務している。

「給与遅配が11ヶ月も続いた会社の次に勤めた会社も、まさかのブラック企業…。引きの強さには自分でもびっくりします。とあるアパレル企業におりますが、よくある親族経営(社長の奥様が副社長、社長のお父様が会長、社長のお兄さまが役員)という経営状況です。


本部勤めのスタッフの昼ごはんは必ず、社長と一緒。昼からビールや熱燗を飲まされ、そのランチにかかる時間は約2時間。お酒の強いスタッフでも夕方まで使いものにならないほど普通に飲まされています」


関連記事:出勤すると3ヶ月「監禁」 『ブラック企業エピソード大賞』に選ばれた異常な会社の実態

 

■有給ナシのまるで「独裁国家」

また、法律で定められているはずの有給休暇も、なぜか取得することができないようだ。

「有給休暇は基本なし。法律に触れているかどうかはお構いなく、たとえば風邪をひいて病欠をしてしまった場合は、同月内の土日(土日祝はカレンダー通り休み)に代わりの出勤をしなくてはなりません。もし出勤ができない場合は、給料が日割り計算になり、休んだ分の日給が次の給料支払い時にマイナスされます(笑)」


さらに、中元・歳暮についても謎ルールが…。

「盆暮れ正月には、お中元とお歳暮を贈るのも暗黙のルール。年長の先輩から時期が近づくと指示され、それぞれが貢物を送らなくてはなりません。まるで、隣の国のような絶対君主制が引かれています。


今すぐにでも辞めたいのですが、辞表何枚提出してもシュレッダーにかけられてしまいます。労基署にいくべきかどうか、真剣に悩んでいる今日この頃です」

次ページ
■弁護士の見解は…

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

ブラック企業弁護士お歳暮お中元残業証拠レコーダー早野述久日本リーガルネットワーク家族経営オーナーカンパニー独裁国家
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング