山﨑賢人『グッド・ドクター』少女の健気さに涙腺崩壊 切なすぎた「虐待日記」

一人で耐えていた少女の姿に、目黒女児虐待死事件を思い出す人が続出した

毎話、号泣する人が大量発生している『グッド・ドクター』(フジテレビ系)。

2日夜10時より、子供が虐待受けていたという、つらいテーマを描いた第4話が放送された。


画像をもっと見る

 

■少女の悲しい秘密

山崎賢人,上野樹里
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

新堂湊(山﨑賢人)と瀬戸夏美(上野樹里)が、綾瀬奈緒(川島夕空)の術後の診察を終えて病室を出ると、ナースステーション付近で緊急搬送された少女が暴れて騒ぎが起きていた。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

看護師やレジデントたちが少女を落ち着かせられない中、湊が近づくと静かになり、湊は自分が担当医になると高山誠司(藤木直人)に願い出る。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

高山や夏美、医局のメンバー全員が反対する中、湊に問題を起こさせようとする猪口隆之介(板尾創路)の企みから、科長・間宮啓介(戸次重幸)が湊を少女の担当医にしてしまう。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

張り切る湊だが、少女は誰にも打ち解けようとはしなかった。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

やがて少女の母親・大石薫(瑛蓮)が現れ、少女の名はあかり(高松咲希)と判明。夏美が言葉を発さない理由を尋ねると、薫は自分があかりの継母だからかもしれないと話す。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

薫が持って来たバッグにあったお絵描きノートを湊が見てしまうと、あかりは「誰にも言わないで」と懇願。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

翌日、薫があかりを転院させたいと申し出ると、湊はあかりを抱き上げ「絶対渡しません」と院内を逃げ回り、争っていた薫が湊から暴力を受けたと言い出し…。


関連記事:クロネコヤマトの配達員が刃物男を取り押さえる 容赦ない殴打に「スゴすぎ」の声

 

■虐待されていたあかり

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

あかりが口をきかず心を開かなかった上、長い間痛みをがまんしていたのは、継母・薫からの虐待が原因だった。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

湊が見てしまったお絵描きノートには、新しいお母さんが来た喜びだけでなく、虐待が始まってからのつらい日々が綴られていた。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

その切なすぎる「虐待日記」に書かれた薫の卑劣さに憤り、涙する人が多かったのはもちろんだが、3月に目黒区で起きた女児虐待死事件を思い出した人も。

https://twitter.com/o0_hope/status/1025018166781431814

そうした子供のSOSを見落とさず、救う方法はないのかを改めて考える人のコメントも少なくなかった。

次ページ
■心まで救った湊と「2人がいい」に涙腺崩壊

この記事の画像(20枚)