高くても品質のいいものを買う中高年層 一方でコスパ重視の若者たち

常にコスパを意識する若者たち。

ライフ

2018/08/04 21:00

高くても品質のいいもの
(©ぱくたそ)

安い価格で、それなりのものが買える時代。そんな中でも「高くていいもの」を求める人は、一部にはいるものだ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,477名に「買い物について」の調査を実施。

「高くても品質のいいものを選ぶほうだ」と答えた人は、全体で34.5%だった。どのような人たちが、安さよりも品質を求めているのだろうか。


 

■こだわりのものにはお金をかける

年代が上がるほどに、品質がいいものにお金をかける傾向がある。

高くても品質のいいもの年代別グラフ

興味があることには、お金をかける人も多いだろう。

「こだわりのあるものには、お金をかけたほうがいい。私は料理が好きなので、食材や調味料には奮発する。でも他は節約するから、無駄使いとは思っていない」(40代・女性)


いい洋服は、長持ちするとの声も。

「洋服にはこだわりがあるほうなので、全部ファストファッションで済ますとかはありえない。ちゃんとしたところのものを買えば、生地がいいので長持ちする。


長い目で見れば、いいものを買ったほうが得な気がする」(40代・男性)


関連記事:峯田和伸のキスに「気持ち悪い」「さとみ可哀想」 『高嶺の花』展開に賛否

 

■お金がないから…

若い人たちが高いものを買わない理由は、やはりお金がないからである。

「給料も良くないから、安いものを買うしかない。必要なものはまず100円ショップで見て、あったら『これはコスパがいいのか?』を考えてから買う。


スーパーで食品を買うときでも、同じような考え」(20代・女性)


贅沢に興味がない人も多い。

「ファストファッションの洋服を数年間着て、スマホは格安SIMを利用している。別に『もっと贅沢したい』とも思わないし、この生活を続けていくつもり」(20代・男性)


■学生と会社員の差がない現実

会社員と学生を比べても、ほとんど差はない。

高くても品質のいいもの職業別グラフ

自分でお金を稼ぐようになっても高いものを買わないのは、学生にとって夢がない話だ。

「学生のときのほうがバイトして、自分の好きなものを買っていた気がする。服も当時のほうが、いいものを着てたし。今は限られたお小遣いで、安い酒を飲むのが密かな楽しみかな」(30代・男性)


学生の人たちは、今のうちにいいものを楽しんでおいたほうがいいのかも。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)