道に迷い人生に迷い… 迷子になってしまった最悪エピソード3選

方向音痴が膣を間違い、迷子になったときの悲惨な体験談。

ライフ

2018/08/04 17:30

sirabee20180621maigo000
(tuaindeed/iStock/Thinkstock)

どこへ行くにもスマホで地図を検索すれば、目的地までスムーズに行ける時代。それでも、道に迷ってしまった経験はないだろうか。


 

■近道して迷子

しらべぇ編集部は全国の20代〜60代の男女1,381名を対象に「迷子」について調査したところ、男性50.6%、女性48.0%の人が「近道をして道に迷ったことがある」と回答している。

男性のほうが迷わないイメージがあるが、意外にも女性のほうが迷子率は少ないようだ。「こっちのほうが近そう」と知らない道に入ること自体、「迷いそう」と思って避けているのかも。

そこで「悲惨な迷子体験」を3つ紹介しよう。


 

①半径300メートルを…

「自転車通学を始めたばかりで、テンションが上がっているときのこと。夜に自転車で近道しようと、ショートカットしたら道に迷った。スマホの電池も切れて泣きそうにしていたら、半径300メートルの範囲を、ずっとグルグルしていただけだと判明。


自分が情けなくなったので、友人には絶対に話さない。それ以降お昼のとき、あえて迷って周囲を把握するようにしている」(20代・男性)

次ページ
②迷子で不審者と思われる

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ