タンパク質の摂取量気にしてる? 20代は8割が「考えていない」結果に

タンパク質の摂取量を気にしていない人は4分の3も。

宮崎牛
lewzstock/iStock/Thinkstock

3大栄養素のひとつである「タンパク質」。人間の筋肉や肌、髪の毛、臓器、ホルモンの材料となるなど、体作りには欠かせない重要な栄養素だ。

筋トレでマッチョになりたい人だけでなく、すべての人がきちんと摂取すべきだが、実際のところどれだけみんな気にしているのだろうか。


 

■4分の1はタンパク質に留意

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1477名に「タンパク質の摂取量を気にしている」か調査を行なったところ、全体の24.8%が「気にしている」と回答。およそ4人に1人の割合だった。


関連記事:竹内涼真がトレーニングで「だんだん戻ってきた」  太い二の腕に女子「圧死したい」

 

■年をとると意識的に摂取?

年代別に見ていくと、50~60代が3割と高い数値に。年をとると、目に見えて筋肉量や髪の量が減少するほか、肌のトラブルも起きやすくなる。

さらなる老いを防ぐためにも、気をつけている人は少なくないようだ。


■IT社長と筋トレには相関関係が?

属性別では「IT社長になりたい」と思う層の半数が、タンパク質の摂取量を気にしていることが判明。

ITベンチャー企業といえば、なぜか筋トレに励んでいるイメージがあるが、「なりたい」層もそこは同じようだ。

・合わせて読みたい→人と会うときは「にんにくを食べない配慮」する? 女性は気を遣うも男性は…

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1477名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ