芸能人とのデートからエッチなことまで… 妄想癖がある人たちの頭の中

妄想だけで、時間が過ぎる。

オトナ

2018/08/04 11:00

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

暇な時間に、頭の中で自分だけの世界を作ることはないだろうか。空想世界は自分の思い通りになるために、こっそりハマっている人も多いようだ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の妄想癖がある男女487名に「時間の使い方について」の調査を実施。

「妄想をしているときが、一番楽しいと思うほうだ」と答えた人は全体で50.5%。妄想癖のある半数以上が、なによりも楽しい時間だと考えているのだ。


画像をもっと見る

 

■女性は恋愛の妄想

男女別では、男性よりも女性の割合が高くなっている。

妄想している時間が一番楽しい男女別グラフ

女性は、恋愛についての妄想が多い。

「好きな人ができたら、その人とデートしたり結婚したり…いろいろなシーンを考えて楽しんでいる。現実ではまったく行動できないので、想像上の彼に恋をしているだけなのかも」(20代・女性)


憧れの芸能人と、恋仲になる想像まで。

「芸能人を恋人にして、頭の中で勝手な世界を繰り広げている。周囲に気づかれないように会ったつもりなのに、スクープされてしまうところとか…。


仕事しながらでも考えてしまい、少しニヤけるときもある」(30代・女性)


関連記事:峯田和伸のキスに「気持ち悪い」「さとみ可哀想」 『高嶺の花』展開に賛否

 

■男性はエッチな妄想

男性の妄想は、やはりエッチなことが多いようだ。

「妄想のパターンはいろいろとあるけど、最終的にはエッチなことに行き着く。しかも自分からはアプローチしないのに、女の子からモテモテ…な、とても都合がいいもの。


現実ではまったくモテないから、せめて妄想の中だけでも…」(30代・男性)


また、出世欲を妄想の中で満たす人も。

「今の仕事から独立して、自分で会社を起こし成功しているところを考えるときがある。会社での評価があまり高くないと感じているから、そんなことを考えてしまうのかも」(20代・男性)


■無職・家事手伝いが妄想を楽しむ理由

会社員よりも無職・家事手伝いのほうが、妄想を楽しんでいる。

妄想している時間が一番楽しい職業別グラフ

時間がたっぷりあるのも要因のひとつだが、現実から逃避したいのもあるだろう。

「私が無職だった頃には、森の奥深くで動物たちと暮らすストーリーをずっと想像していた。人との接点をまったく捨ててゆっくりしたい気持ちが、そんな妄想をさせたのだと思う」(20代・女性)


頭の中で考えるだけなのだから、人に迷惑もかけずお金もいらない趣味である。しかし、寝食も忘れるほどにハマると、日常生活に支障をきたすので注意が必要だ。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,498名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)