西川史子、東京医科大学の女性一律減点は「当たり前」と発言し物議 賛同の声も

東京医科大学の女性受験生の点数一律減点について「当たり前のこと」と発言し物議

エンタメ

2018/08/05 14:00

 

■西川に賛同するネット民も

西川史子の「一律減点は当たり前」「男性と女性ではできることは限られている」「比率を考えて採用するべき」という持論に、一部ネット民からは賛同の声が。

https://twitter.com/figue225/status/1025919766500786176


 

■批判の声も存在

一方で、「男女同権であるべきだ」「減点はおかしい」など、批判的な声も存在する。


西川史子の意見に賛同するか否かは個人によって判断が分かれるところだが、医療の現場に「男性と女性でできることは違う。男性も必要」と考えている人が存在することは、間違いない様子。

一方で、「入学試験で女性だけ一律減点する」東京医科大学のやり方は、理解を得られていない。

「医療の現場で何が起きているのか」を踏まえ、今後医師を目指す若者をどのように採用していくのかなどを、感情に流されず冷静に議論し、現場に則したシステムを構築する必要があるのではないだろうか。

・合わせて読みたい→東京医大の一律減点報道に「男子受験生がかわいそう」の声が相次ぐ理由

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

あなたにオススメ