キスまでOK「既婚者合コン」に批判殺到 訴訟も見越したズルい関係に唖然

既婚者たちが割り切った関係を求めて集うという「既婚者合コン」が物議を醸している

カクテルで乾杯
(petrenkod/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

世の中には、様々な集いが存在するが、中にはとってもユニークなものも…。

6日放送の『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)では、現在SNS上で注目を集めているという「既婚者合コン」なるものが取り上げられ、物議を醸している。



 

■「既婚者合コン」とは

同番組ではインスタグラムで流行しているハッシュタグの中から選りすぐった「女が怒るハッシュタグ50音」を紹介。

その中で、「#既婚者合コン」というあまり聞き慣れないハッシュタグが紹介された。

この既婚者合コンとは現在急上昇中の注目ワードで、「友達以上不倫未満」の割り切った関係を求め、妻や夫では満たされない既婚者たちが参加しているという。

この既婚者合コンの存在に、出演者の岡井千聖は思わず「怖いんだけど」と驚愕。いとうあさこも「意味わかんない」と疑問を呈した。


関連記事:瀬戸内寂聴「松本人志は薄汚くなった」 松本苦笑も一部からは「よく言ってくれた」の声

 

■離婚訴訟を見越したズルいルール

また、既婚者合コンで掲げられている「友達以上不倫未満」には関係性を明確にするルールもあるといい、そこで知り合った男女は「ハグとキス」まではOK。それ以上の行為はNGとされている。

その理由としては、パートナーから既婚者合コンで知り合ったセカンドパートナーとの関係を理由に訴えられた場合、「キス」は法律の定める「不貞行為」にあたらないため、慰謝料が安く済むからだそう。

しかし、スタジオからは男女がキスとハグをしたら「そこから発展しないのか?」との鋭い指摘が。この疑問に、俳優の中村倫也は「(キスしたらその先の行為も)しちゃいます、しちゃいます」と即答した。

「理論上のグレーゾーン」が実際に守られているかどうかは、にわかに信じがたい。

次ページ
■「浮気の正当化」と批判殺到

この記事の画像(1枚)