丸山桂里奈、「男性に持ち帰られたらマネージャーに報告する」 女性アスリートの性欲にも言及

『有田哲平の夢なら醒めないで』で元なでしこジャパン・丸山桂里奈が「女性アスリートの性欲」について持論を展開…

丸山桂里奈
(画像は丸山桂里奈Instagramのスクリーンショット)

赤裸々な男性関係や自由奔放な恋愛観を明かし、良くも悪くも話題になりがちな、元なでしこジャパン・丸山桂里奈(35)が、7日深夜放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演。

この日も自身の男性関係での衝撃告白を連発し、大きな話題を集めている。


 

■番組関係者に惚れがち

番組ADから飲み物を手渡しされただけで、「優しい。好きかも」と恋心を抱いてしまうほど惚れやすい丸山。

あるスタッフとは「前十字靭帯を切っている」共通点で盛り上がり、心の靭帯の繋がりを一方的に感じる。フィリピンの現地スタッフが日傘やおしぼりを毎日用意してくれただけで恋心に火がつくなど、節操がない。

さらに番組MCにも惚れがち。「話を振ってくれたり、ツッコまれるだけで好きになる」と熱弁するも、くりぃむしちゅー・有田哲平(47)から「仕事ですから。好きだからやってるわけじゃない」と冷静に注意された。


 

■男性に持ち帰られたら…

そんな丸山の恋愛で決めているルールは「マネージャーに報告する」こと。

プライベートの飲み会で、男性から「2人で飲みに行こう」など誘われると、「男性に誘われました。今夜持ち帰られるかもしれません」とマネージャーに報告。いつも「お任せします」と丸山の意思が尊重されると語る。

実際に「持ち帰りされなかった」場合も「残念ながらされることはありませんでした」とマネージャーに連絡するのだが、「次に向かって頑張りましょう」と励ましてくれるという。

次ページ
■丸山「来るものは拒めない」

あなたにオススメ