車運転中の男、犬散歩中の女性にわいせつ その手法に「アクロバティックすぎ」との声

埼玉県白岡市で犬の散歩中の女性に、車運転中の女性がわいせつ行為。その方法に、ネットからは驚きの声。

社会

2018/08/08 18:00

(hedge111/iStock/Thinkstock)

6日、埼玉県の久喜署は強制わいせつの疑いで白岡市の会社員の男(28)を逮捕した。男は同日午前8時55分ごろに白岡市内の路上で、犬の散歩中の市内の40代女性に対して体を触るわいせつな行為をした疑いがもたれている。


 

■運転席側の窓から手を…

ネットでは、この男の痴漢の方法に注目が集まっている。なんと男は乗用車を運転して女性の背後から近付き、運転席側の窓を開けて犯行に及んだというのだ。

その後、そのまま車で立ち去るものの、女性が車両ナンバーの一部を覚えていたことから容疑者が浮上。男は「近くを車で通ったが、女性の体を触ることはしていない」などと容疑を否認している。


関連記事:瀬戸内寂聴「松本人志は薄汚くなった」 松本苦笑も一部からは「よく言ってくれた」の声

 

■「アクロバティックすぎる」の声

この男の大胆な行動に、ネットからは「そんこと可能なの?」と驚きの声が上がっている。

・運転席から手出して触るとかアクロバティックすぎ  どんなドライブテクの持ち主なんだ


・触れる位置まで来たってことは、相当接近してるよね。そんなことできるの?


・ちょっと想像してみたんだけど、運転席から手を伸ばして当たるってことは胸の辺りってことだよね。男は最初っからその高さを計算して…


・これは新しい。ドライブスルー痴漢なんて誰が考えつくんだろうか

次ページ
■「ナンバーでバレるでしょ」とつっこみ 

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ