下半身を露出した26歳の巡査部長を逮捕 「羨ましい」の声が上がるワケとは

札幌の歩道で10代の女性らに対し、下半身を露出した疑いだ。

地域

2018/08/08 15:30

(Photodisc/Photodisc/Thinkstock)

人に見せても恥ずかしくない体だったということだろうか。札幌市の歩道で下半身を露出したとして、北海道警苫小牧生活安全課の巡査部長の男(26)が逮捕された。

インターネット上では、「暑さのせい」「羨ましい」といった声があがるなど、注目を集めている。

 

 

 

■犯行に及んだあとも通常通り勤務

報道によると、事件が起こったのは6月24日午後1時ごろ。札幌市南区の歩道上で10代の女性らに対し、ズボンと下着を下ろして下半身を露出した。

男は休暇を利用して実家に帰省中、犯行に及んだとのことだ。そして事件後も、6日まで通常通り勤務していたが、目撃情報などが浮上。7日、公然わいせつ容疑で逮捕されるに至ったというわけだ。男は「間違いない」と犯行を認めているという。


■ネットでは「もったいない」「情けない」と呆れ

今回の報道を受け、「Yahoo! ニュース」では、「もったいない」「情けない」など呆れの声が相次いでいる。警察に勤め、26歳で巡査部長まで出世したキャリアを傷つけたことを、惜しく感じた人が多いようだ。

「26歳で巡査部長。さらに生活安全課なら優秀な人だったと思う。もちろん、ノンキャリアの中で。大卒なら一発で長に受かって、地域か部隊か留管を2年経験して、専務の巡査部長になったのならもったいない」


「何を考えているのか? 一生を棒にふっちゃったね」


「なんていうかもったいないね。人生終わった」


「じつに情けない。その一言に尽きる」


■「よほど自信があったのか」と羨望の声も?

また、日曜日の午後1時という白昼堂々の犯行に、「よほど体に自信があるんだな」「羨ましい」と羨望のコメントも。

「自分でもかなり自信のあるモノなんでしょうね。実際には見たくもありませんが」


「外で自慢のマグナムを出すって、かなりのビッグジョンだったんか?すげぇな…」


「見せられるほど立派なモノだったのか?」


「見せられるくらい立派な人が羨ましい(苦笑)」


若くして巡査部長に出世したということは、日ごろ、職務に勤勉に取り組んでいたはず。今回の事件は、そうした努力を台無しにすることになってしまったといえるだろう。

・合わせて読みたい→同僚射殺の19歳警察官 理由「罵倒されたから」にネット民震撼

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

あなたにオススメ