飼い猫を殺害した元奈良県嘱託職員に有罪 「自分勝手な理由」に怒号相次ぐ

飼い猫に「残酷な暴行を加えて殺害した」男に、怒りの声が相次いでいる。

地域

2018/08/09 15:00

猫
(Barisic Zaklina/iStock/Thinkstock)

人間の勝手で動物の命を奪うことは、あってはならないことだ。自宅で猫を殺害し死骸を捨てたとして、動物愛護法違反と廃棄物処理法違反の罪に問われた男に、有罪の判決が下された。

インターネット上では、男の残忍な犯行に、「読むに堪えない内容」「本当に許せない」など怒りの声が相次いでいる。

 

■ストレス発散のため、飼い猫に暴行

報道によると、今回、有罪判決が下されたのは、奈良県文化資源活用課の元嘱託職員の男(26)。平成29年11月17日から12月2ごろにかけ、自宅で飼い猫2匹を殺し、奈良市内に遺棄した。

奈良地裁では、「仕事のストレスを抱える中で、飼い猫がいうことを聞かないことに怒りを募らせ、残酷な暴行を加えて殺害した」と判決理由を指摘。

「愛護動物の生命を軽視した悪質な犯行」として懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡されたとのことだ。

 

■ネットでは「本当に許せない」と怒りの声

今回の報道を受け、「Yahoo! ニュース」では、「読むに堪えない内容」「本当に許せない」などの声が続出。飼い猫に暴行を加え殺害するという残忍な所業に、怒りを抑えきれないようだった。

「読むに堪えない内容。飼い猫によくそんな酷いことができるな。仕事のストレスを和らげてくれるのが猫なんだよ」

 

「そもそも猫なんて、いうことを聞かない生き物やんか…。わかってて飼ったんじゃないの?」

 

「動物に対して虐待したり殺害したりするやつって、本当に許せない。すごい怒りがこみ上げてくる」

 

「飼い猫を惨殺するなんて考えられない。猫が好きだから飼ったんじゃないの? いうことを聞かないのが猫・従順さを求めるならば、犬を飼うはず」

次ページ
■下された判決が「軽すぎる」と疑問の声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ