新宿ビックロ爆破予告で従業員逮捕 その予告方法に「さすがにヒドすぎる」と呆れ声

新宿ビックロに爆破予告をした同店パート従業員が逮捕。その予告方法に、ネット呆れる。

社会

2018/08/09 20:00

(Marco_Piunti/iStock/Thinkstock)

「ビックロ ユニクロ新宿東口店」に爆破予告のメールを送ったとして、同店パート従業員の男(23)が逮捕された。男は容疑を認めており、「同僚にムカつくヤツがいて、会社に不満があった」と供述しているという。

 

■従業員用の端末から…

しかし、その予告方法は「もう少し考えられなかったのか?」と首をかしげてしまうレベルだ。

男は勤務中だった7月25日午後2時ごろに「爆弾を仕掛けた。17時までには爆発する。オウムの死刑を後悔しろ」という内容の脅迫メールをユニクロの顧客窓口などに送信。だが、そのメールは従業員用のタブレット端末から送られたのだ。

結果、通信記録の捜査などから男の存在が浮上し、逮捕に至った。男は、店側に入場規制を行なわせるなど業務を妨害した疑いがもたれている。他にも同様のメールを5回送ったとみられ、 警視庁は余罪を調べているとのこと。

 

■「コントみたいな事件」と嘲笑

この男の呆れた予告方法に、ネットからは「なぜ従業員用端末で」とツッコミの声があがっている。

・いくらイライラしていたとはいえ、なぜ従業員用端末で送ったんだ。せめて自身の端末から…

 

・後先考えなすぎでしょ! これで自身の人生も爆破してしまったな

 

・これはさすがにバカすぎるw 誤爆もいいところw

 

・もうさ、犯行しながら自首してるみたいなもんだよね。コントみたいな事件だ

次ページ
■「オウム」言及に批判殺到

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ