しらべぇ

靴のかかとを踏んで履く大人はありえない? 「子供がやる癖」との指摘も

いい靴も台無しに…

ライフ

(Henfaes/iStock/Thinkstock)

靴べらは、かかと部分を履きやすくするための道具である。そこまで靴のかかとを守る人がいる一方で、たまに踏んで歩いている人もいるから不思議なものだ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,477名に「靴の履き方について」の調査を実施。

「靴のかかとを踏んで履く癖があるほうだ」と答えた人は、全体で6.8%と少数だ。大人になってかかとを踏むのは、かっこ悪いと思っている人が多いのかも。

 

■子供特有の癖なので…

性年代別では、男女共に20代が一番多い割合になっている。

靴のかかとをを踏んで履く性年代別グラフ

しかし、多いといっても1割程度で、全体的にはやはり少ないのだ。

「靴を履くのが苦手な子供がする行為なので、大人になってからも続ける人は少なくて当然だと思う」(30代・女性)

 

■ヤンキーはかかとを踏んでいた

小さい頃にかかとを踏む癖があった人も、年齢が上がると共にやらなくなるようだ。

「確かに子供の頃はかかとを踏んでいて、よく親に怒られた記憶がある。当時は『このほうが脱ぎやすい』って思っていたけど、いつの間にかちゃんと履くようになっていた」(30代・女性)

 

しかし、ヤンキーと呼ばれる人の間では、かかとを踏むのがかっこいいとの風潮もあった。

「昔のヤンキーがよくやっていたから、同年代くらいの人がしているのを見ると『当時の癖が取れないまま、大人になったんだな』と懐かしく思う」(50代・男性)

 

■仕事の革靴さえ踏む知人

せっかくお金を出して購入した靴なので、かかとを踏んでしまうのはもったいないとの声もある。

「せっかくおしゃれな靴を履いたとしても、かかとを踏んだら一瞬で台無しになってしまう。たとえスニーカーでもかかとをぺちゃんこにしたら、デザイン性も損なわれるから」(20代・女性)

 

仕事の革靴さえ、かかとを踏む強者も。

「知り合いに仕事の革靴まで踏む人がいるけど、本当にありえないと思う。どんなにほかをきれいにしていても、そのかかとだけで清潔感を失っている。

 

一応、仕事中はちゃんと履くようにしているみたいだけど、かかとがヨレヨレだから意味がない」(30代・男性)

 

ちゃんと靴を履かないと、歩くのにも危険を伴う。多くの人はそれを理解しているからこそ、かかとを踏まないのだろう。

・合わせて読みたい→ひたすら耐えてる?底がすり減った靴を履き続ける人の傾向 

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu