元TBSアナ・安東弘樹、「女性がとにかく好き」 中2と変わらぬ思春期を赤裸々告白

『アウトデラックス』でアンディことフリーアナウンサーの安東弘樹が衝撃発言連発し、マツコ・デラックスも興奮!

安東弘樹
(画像はTSK山陰中央テレビ公式Twitterのスクリーンショット)

27年間務めたTBSを退社後はフリーアナウンサーとして活躍する、アンディこと安東弘樹(50)が、9日深夜放送『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に登場。「性にギラついた男」安東のアウトな女性観が明らかとなり、視聴者に衝撃を与えている。

 

■ほぼ中2男子

「中高生、多感な時期から思春期度合いが止まっている。今も中学2年生と同じ感覚」と語る安東。

マツコ・デラックス(45)は「今も…してる感じ」と性に敏感な思春期男子へ向けるような質問をすると、「我慢できなくて2回目をいかに止めるかで悩んでいる」と告白。この答えにはマツコも興奮を隠せなかった。

 

■恋愛話に女性陣ドン引き

中2男子・安東は「女性を尊敬・敬愛してる。女性がとにかく好き。すべての女性が女神」と熱弁する。

仕事中もギラギラは収まらない。「一生懸命な女性にキュンとくる。『こんな私の顔を触ってくれる』メイクさんとか、それだけでステージが上がる」安東は、「全員が僕のこと嫌い」と卑下から入るので、普通に接してくれるだけでも「半分くらいは好きになる」という。

恋愛観も独特だ。付き合った女性の親に必ず会うのだが、その理由は「親公認じゃないと安心して相手を抱けない」から。

旅行前には相手の親に「指1本触れないとは申しあげられないが、絶対に傷つけない」と挨拶すると明かし、女性陣をドン引かせた。

次ページ
■視聴者からは好評?

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ