出席者ゼロで成人式が延期 青森県の村で起こった「少子化の現実」に驚愕

少子化高齢化が進む地方自治体では、今後増えていくケースなのかも。

sirabee20180319inaka000
(rustyfox/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

開催されるはずだった成人式が、出席者がゼロだったために延期される…そんな珍事が青森県のとある村で起こり、ネット上で話題になっている。


 

■出席者ゼロで成人式が延期に

成人式が延期されたのは青森県にある西目屋(にしめや)村。

産経ニュース」によると、この村では例年、県外に進学、就職している若者が帰省しやすいお盆期間に成人式を開催していた。

今年も11日にされる予定だったが、対象者である13人(男6人、女7人)に葉書きを送ったところ、返信がなかった1人を除く全員から欠席の連絡が届いたそう。

県教委によると、「対象者は仕事や就職活動で多忙なのだと思う。活躍していると前向きに受け止め、冬の開催を準備したい」とのことで、12月か1月に再び開催する予定だという

ちなみに、この村は青森県南西部にあり、人口はおよそ1300人と、県内でもとくに少子化・過疎化が進んでいる地域だ。


 

■驚きの声が相次ぐ

この報道に対し、ネットユーザーからは驚きと嘆きの声が相次ぐことに。

・過疎で対象者すらいなくなってしまうだろう


・今は盆正月でも休みなし、24時間営業の業態が多いからね


・夏にやったら晴れ着きれないもんね


・案内きたけど行く?帰省しないから行けない。じゃ私も行かない。だな。オラもやめとくわ。ってラインが想像できる


・成人式は1月の成人の日に行うもんだよ。今の調子だと365日いつでもOKにしないと参加してくれませんよ。行政の迎合に若者が馴れちゃった結果だね

次ページ
■成人式は時代遅れ?

あなたにオススメ