ドラマ『ケンカツ』OP曲『Sunny』を歌う安田レイ 「この夏の思い出となる一曲に」

TBSドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』のOP曲を歌う歌手の安田レイを直撃。


 

■母が好きな宇多田ヒカルがきっかけ

安田レイ

音楽の楽しさに目覚めたのは6、7歳の頃。母との経験がその根底にある、と教えてくれた。

安田:両親とも音楽が好きで、いつも爆音で音楽がかかっているような環境だったんです。母が宇多田ヒカルさんのファンで、小学校1年生くらいに母が聴かせてくれた『First Love』が、人生を変えてくれた1曲になりました。


それまで、ただ音楽が好きだったのが、「私もシンガーになりたいんだ」って気づいて。そこから「歌う人になりたい」という目標は、1ミリもブレずにやってくることができました。


最初は宇多田さんだったのですが、その後、竹内まりやさんとかLOVE PSYCHEDELICOさんとか、母が好きで聴いていたアーティストの方が私の根っこの部分になっていると思います。


当時はアメリカンスクールに通っていて、まわりに音楽好きの友達も多かったので、小学校3年生くらいのときに一番ハマっていたのは、アッシャーとか、アリシア・キーズとか。R&Bやブラックミュージックの要素がある楽曲に触れて育ちました。


関連記事:前田敦子に「玉の輿婚」報道 「許しがたい」と怒りの声が相次ぐワケとは

 

■小学生のとき『元気ロケッツ』に

音楽好きだった少女は、2013年にソロデビューするまで、元気ロケッツのボーカルを務めることになる。

安田:オーディションを受けたのですが、歌ではなくミュージックビデオ出演のオーディションだったんです。小学校の帰りだったのでランドセルを背負って行ったら、まわりは170cm以上あるお姉さんとか、金髪のきれいな女性ばかりで、「すごいところに来ちゃったな…」って弱気でした。


でも少ししたら連絡があって、「歌も参加してみませんか?」って誘われて。


安田の活躍を、その音楽的なルーツにもなった母はどう見ているのだろうか。

安田:母はミュージシャンではなかったのですが、若い頃にレコード店で働いていたみたいで、今でも音楽が大好きなので、私の活動を喜んでくれてるのかな…。でも、厳しい人なので、ライブを見た後、「あの曲のあの部分はピッチが…」って言われたりします(笑)。


■この夏の記憶となる曲に


ドラマの放送が始まり、SNSなどで安田本人にもファンからの声が届き始めている。

安田:ドラマの第一話がオンエアされたときは、いちばんドキドキしましたね。いつも応援してくださるファンの方からは、「レイちゃんぽい曲だね」「夏っぽくて気持ちいい」って、コメントいただきました。


すごく嬉しかったのは、今まで私を知らなかった方がドラマから知って、「いい曲だね」「ファンになりました」など、コメントしてくれたことです。『Sunny』は、14日に配信がスタートして、22日にCDがリリースされます。先日、新宿で初披露しましたが、早くライブでも聴いていただきたいですね。


音楽って、記憶と深く結びつくものだと思います。いつか、今年の猛暑を振り返るときに、『Sunny』という曲を思い出してもらえたら嬉しいです。


・合わせて読みたい→安室奈美恵を見た子供たち 母親に放った「無慈悲な一言」に悲鳴が続出

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/安田レイ

この記事の画像(4枚)