今夜放送! 世界3例目の超レア生物&海上保安庁の巡視船にTV初密着

東京湾で激レア魚探し第3弾! テレ東『東京湾大調査3』

エンタメ

2018/08/14 12:00

14日火曜日の夜6時55分から、『東京湾大調査3~全800種!激レアから猛毒までお魚コンプリート~』(テレビ東京ほか)を放送。番組では、世界3例目となる「ナツシマチョウジャゲンゲ」や、絶滅したかと思われていた「ムギワラエビ」など、珍しい生物が続々と登場する。


 

■東京湾初発見の生物が続々登場

ナツシマチョウジャゲンゲ
(ナツシマチョウジャゲンゲ 画像提供:『東京湾大調査3』(C)テレビ東京)

世界に誇る豊かな漁場・東京湾で、あらゆる漁法や最新兵器を使って魚を獲る番組の第3弾。毎回東京湾で初確認となる生物が発見され話題となっている。

中でも今回特別にレアな生物は、世界3例目で東京湾初発見の「ナツシマチョウジャゲンゲ」。東京湾で唯一深海漁をする伝説の漁師の「深海刺し網漁」に密着し、最も深い東京湾海底谷に現れた。

東京湾大調査3
(画像提供:『東京湾大調査3』(C)テレビ東京)

また、東京湾にもサンゴ礁が存在し、サンゴやクマノミなどの熱帯魚が生息していると聞いたAKB48・大家志津香が、自ら潜り徹底調査すると2015年に東京湾で135年ぶりに発見された「ムギワラエビ」と遭遇。

発見後に姿を見た報告がなく、絶滅したと思われていたが、今回の番組の撮影で生存が確認された。

また、「ヒゲキホウボウ」 「ヒウチダイ」 「ナンヨウキンメ」など、続々と東京湾初発見・初記録となる生物が登場するのも見どころだ。


 

■海上保安庁の巡視船に密着

東京湾大調査3
(画像提供:『東京湾大調査3』(C)テレビ東京)

番組では、世界でも有数の船が行き交う混雑海域である東京湾内をパトロールする、海上保安庁の巡視船にテレビ初完全密着。収録中に遭遇した緊急事態にカメラが目撃したものとは?

東京湾大調査3
(画像提供:『東京湾大調査3』(C)テレビ東京)

さらに、メイプル超合金・カズレーザーとU字工事が“お魚博士”の中学生と共に調査し、東京湾の危険生物ランキングを紹介。身近な危険生物を知ることができる。

東京湾大調査3
(画像提供:『東京湾大調査3』(C)テレビ東京)

ほかにも、東京湾の最深部・水深700mに、東京海洋大学の学生たちが手作りの深海カメラで撮影に挑む様子や、東京湾口のシャークハンティングなど、今回も超レア映像に期待が高まる!

【放送概要】
タイトル:東京湾大調査3~全800種!激レアから猛毒までお魚コンプリート~
放送日時:8月14日(火)夜6:55~8:54 テレビ東京系
MC:メイプル超合金(カズレーザー・安藤なつ)
スタジオゲスト:つるの剛士、大家志津香(AKB48)
リポーター:U字工事、ボビー・オロゴン

・合わせて読みたい→謎の古代魚&深海生物を東京湾で発見『お魚ぜんぶ獲ってみた2』

(文/しらべぇ編集部・京岡 栄作

この記事の画像(10枚)

あなたにオススメ