三菱UFJ銀行、ATMの2割削減を検討 「老人はどうすれば…」と嘆きも

かつては栄華を誇った銀行も、今後は縮小、リストラ、廃業、倒産…などの危機に瀕していくのだろうか。

社会

2018/08/14 15:00

13日、三菱UFJ銀行が、全国に配置するATMを2023年度までに、全体で2割程度減らす検討に入ったことが判明。

ネット上で話題になっている。


 

■利用率の低いATMが廃止に

毎日新聞」によると、同行のATMは今年3月時点で約8100台あり、運用コストが重荷になっているという。そのため、利用率の低いAMを廃止することで、コスト削減を目指す狙いだ。

銀行の経営状況は人口減少や長引く低金利などで過去に例を見ないほど厳しさを増しているとされるが、メガバンクも例外ではない様子。サービス低下への批判を考えた上で、それでも不採算ATMを切り捨てる決断を下したようだ。


 

■「老人はどうすれば…」 嘆き相次ぐ

近年、スマホやクレカなどで支払いを済ませるキャッシュレス決済が加速度的に普及しているが、一方で地方や、ITに疎いお年寄りはいまだに現金での支払が普通。

その結果、ネット上では「お年寄りはどうする」「お金をおろせなくなる」など、心配や嘆きの声が相次ぐことに。

・スマホもパソコンも無い年寄りはどうすれば良いのか??


・それで近所のATMがなくなったらだいぶ困る


・24時間365日をうたっていたUFJだが、どんどんサービスが落ちるなー


・今でさえATMも店舗も少ないのにもう銀行に預ける意味がないw

次ページ
■「サービスなくすなら…」との声も

あなたにオススメ