三菱UFJ銀行、ATMの2割削減を検討 「老人はどうすれば…」と嘆きも

かつては栄華を誇った銀行も、今後は縮小、リストラ、廃業、倒産…などの危機に瀕していくのだろうか。

社会

2018/08/14 15:00

 

■「サービスなくすなら…」との声も

一方、「サービスをやめるなら、手数料も安くすべき」など、顧客側に相応のメリットを求める声も。

・それなら手数料も安くして貰わないとね。サービスを辞めることって、そういうリスクを考えないといけないんじゃないかな。


・不当な手数料もなくしてくれ、、。


・消費者目線ではなく、いつも自己都合の改変が多い銀行。行員も、顧客より上司ばかり向いている人が多いです。利便性からもネット銀行に飲まれていくんでしょうね


関連記事:銀行員が3億7500万円を着服し失踪 「預けるのが不安になる」と心配の声も

 

■6割が時間外手数料に不満

ちなみに、しらべぇ編集部では以前、20代~60代の男女1352名を対象に、「銀行の営業時間外手数料」について調査を実施。

その結果、「ムカつく」と答えたのは全体の58.4%に及んだ。

現役銀行員からすれば「ATM設置、運用には多大なコストがかかってですね…」という話だろうが、顧客は「金利なんてほぼないのに、それを言うのはおかしい」という話なのかも。


いずれにせよ、銀行への信頼、期待が年々下がっていっているのは間違いない。変革のリミットは間近に迫りつつある。

・合わせて読みたい→「お盆玉」の認知度上昇 お盆に子供や孫にお小遣い「こっちが欲しいわ!」の悲鳴も

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月20日~2016年2月24日
対象:全国20代~60代の1352名(有効回答数)