留置所脱走、周知要請は約16時間と遅れ 「そんな理由で?」と怒りが殺到するワケ

富田林署の留置所から、強制性行などで逮捕されていた容疑者の男が逃走。住民周知の遅れにネットは怒り。

社会

2018/08/14 18:30

逃亡者
(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

しらべぇでも既報の、留置所脱走事件の続報だ。容疑者の男は大阪府警富田林署の留置所から脱走後、今もなお逃走中なのだが、その間、富田林署の怠慢ともいえる実態が次々と明らかになった。


 

■文面検討のため周知遅れ

なんと、署が富田林市に対して防災行政無線で逃走を周知するよう要請したのは、発覚から約16時間後だったことが判明。署は「防災無線で流す文面を検討していたので遅れた」と説明しているという。

事件を把握していた市も、要請があるまで防災無線で呼びかけておらず、市は「早く情報提供すべきだった」としている。


 

■住民周知も9時間後

また、府警が事件を一般に周知したのは、男の所在がわからなくなってから9時間近くたってから。府警が男の所在不明を把握したのは、12日午後9時43分。しかし、住民に「メール」を配信したのは13日午前6時28分だ。

このメールというのは、「安まちメール」といわれるもので、犯罪などの発生を登録した住民らにメールで提供するシステムのことだ。一体何のためのシステムなのだろうか…。

「富田林署の留置場から、男が逃走しました。自宅の戸締まり等は確実に行ってください」という内容だったが、弁護士が接見を終えた12日午後8時の直後から、すでに署の外へ逃走していた可能性があったとのこと。

次ページ
■「人命より形式か」と怒りの声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ