山口・不明の2歳児が無事保護 発見した男性と町民たちの大捜索に称賛の声

12日から行方不明になっていた2歳男児が無事保護。安堵の声と捜索活動の様子に称賛の声が送られています。

子供と手をつなぐ
(anyaberkut/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

今月12日から、山口県周防大島町の祖父宅へ帰省していた2歳男児が、祖父(66)と兄(3)と一緒に海岸へ向かう途中で行方不明となっていた事件。

15日午前7時ごろ、男児が無事に保護されたことが報じられ、安堵の声と男児を発見した男性、町民一丸となって行われていた捜索活動の様子に、称賛の声が送られている。


 

■ボランティアに来ていた男性が発見

報道によると、山口県周防大島町で12日午前から行方不明となっていた藤本理稀(よしき)くん(2)が、祖父宅から北側の山中で発見された。意識はあり受答えもできる状態で、外傷もなかったという。

理稀くんは、12日午前10時半頃、祖父と兄と歩いて400メートルほど離れた海岸に向かったが、祖父宅から100メートル進んだところで理稀くんがぐずり出し、1人で道を引き返してしまった。

祖父は理稀くんが祖父宅の近くまで歩いていったことを確認。その後で家を出た母親と別の兄弟と理稀くんが遭遇することはなく、行方不明の状態となっていた。

警察や消防が12日から捜索を続け、15日の午前7時頃、14日から捜索活動のボランティアに来ていたという大分県の男性が理稀くんを山中で発見し、毛布にくるんで近くにいた警察に引き渡したという。


関連記事:『報道ステーション』台風中継に女性が乱入 妨害行為が「怖すぎる」と騒然

 

■「よく頑張ったね」安堵の声広がる

理稀くんが無事に保護されたことはニュース速報でも伝えられ、インターネット上では安堵の声が広がっている。

「他人事とは思えなかった」との声が多く、思わず涙を流してしまった、という声も。また、理稀くんは行方不明となった翌日の8月13日が2歳の誕生日。「家に帰ったら誕生日パーティーだね」と理稀くんの誕生日を祝福する声もあげられている。

次ページ
■町民一丸となっての大捜索

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ