鳥栖・中1いじめを謝罪の市、「知らない」と態度一変 「クソすぎる」と怒号相次ぐ

市はいじめの事実を認め、1度は謝罪。しかし提訴されると、「知らない」と態度を一変させた。

社会

2018/08/17 18:00

(©ぱくたそ)

佐賀県の市立中学で、当時中学生1年だった男性(19)が同級生十数人からいじめを受けていたことを、市の教育委員会が認め謝罪。しかし、男性が学校の責任を問う訴訟を起こすと、「知らない」と態度を一変させたことを、毎日新聞が報じた。


 

■市は「知らない」と態度を一変

報道によると、佐賀県鳥栖市立中学で6年前、男性は約7か月にわたって、同級生十数人から殴る、蹴る、エアガンで撃たれるなどの暴行を受けた。さらに、毎日のように金を恐喝され、その被害額は100万円に上るという。

市教委は記者会見で、「犯罪に等しい」といじめを認め謝罪したが、男性が学校の責任を問う訴訟を起こすと態度を一変。ほとんどの暴行を否定する同級生の言い分に沿う形で、いじめを「知らない」と主張するようになった。

男性は20日から始める尋問で初めて証言台に立ち、被害体験や心境を語るとのことだ。


関連記事:ファミレスで乳児の泣き声に怒る男性 店員の「皮肉な一言」でスカッと展開に

 

■市の対応に怒りの声「絶対に許されない」

今回の報道を受け、ツイッターでは、いじめの加害者たちと市教委に怒りのコメントが殺到。「クズすぎる」「絶対に許されない」などの声があがっている。

「辛い思いがずっとずっと続いてる。無責任な学校や校長、先生、やり逃げの加害生徒。これを許せるわけがない」


「鳥栖市はさ、いじめ裁判でとにかく勝つのが大事と思ってるわけでしょ。世間からどれだけ叩かれても、法律的に勝つことのほうが大事だと。その価値観が怖いよね。根深い組織上の問題を予見させる。鳥栖だけの問題じゃなくて、全国的な」


「なんだろ、無力感しか感じない。保身のためなら他人の心を傷つけても、嘘をついてもいいんだよって、こんなに大っぴらに表明されてることに力が抜ける思い。教育委員会、本当にいるの?」


「市の関係者が許せないし、何より加害者たちどうなってるの? 普通に生活できてるとしたら本当に罪深い」


■いじめを受けた経験のある人は約半数

しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,381名を対象に、「いじめ」についての調査を実施。その結果、全体では約半数の割合の人が、「いじめを受けた経験がある」と回答していた。

 いじめ01

今回報じられた被害者の男性は、いじめを受けたことによる心的外傷後ストレス障害で、現在も苦しめられているという。その凄惨ないじめの内容と、市教委の信じられない対応に、多くの人が怒りと虚無感を抑えきれないようだった。

・合わせて読みたい→安室奈美恵を見た子供たち 母親に放った「無慈悲な一言」に悲鳴が続出

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の男女1,381名

あなたにオススメ