中身よりもおまけ目当て? 今でも雑誌を買う人の「理由」とは

まったく雑誌を買わないわけではないものの…

ライフ

2018/08/18 19:30

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

昔から慣れ親しんでいた雑誌が次々に休刊し、悲しい思いをしている人も多いだろう。それだけ出版不況は、広がっていることがわかる。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「雑誌について」の調査を実施。

「過去1年の間に雑誌を購入したことがある」と答えた人は、全体で42.0%と半数に迫る割合に。定期購読に繋がらないのが、問題なのかも。


画像をもっと見る

 

■子供の頃からジャンプを買う男性

性年代別では、30代から50代の男性が比較的高い割合になっている。

過去1年に雑誌を購入性年代別グラフ

昔から雑誌を買う習慣のある人が、継続しているパターンが多い。

「昔から、『週刊文春』を買う習慣がある。今のスキャンダルメインなところはあんまり好きではないけど、他の記事や連載はおもしろいので」(50代・男性)


「子供の頃から、ずっと『週刊少年ジャンプ』を買い続けている。連載しているものを読んでいると、やっぱり続きが気になってしまうから。


昔、付き合っていた彼女に『いい年して、まだそんなの買ってるの?』と言われ、ケンカになったのも懐かしい」(40代・男性)


関連記事:ファミレスで乳児の泣き声に怒る男性 店員の「皮肉な一言」でスカッと展開に

 

■付録を目当てに買っていた女性も…

付録を目当てに、ファッション誌を買う女性も多い。

「ファッション誌を買う理由って、付録が魅力的かどうかしかないと思う。ファッションの情報ならネットでいいから。だから、同じ雑誌を毎月買う習慣はない」(20代・女性)


ただ、最近は同じような付録が多いため、買ってないという人もいる。

「付録目的でいろんな雑誌を買ったことがあるけれど、トートバッグとか似たようなものばかり。


家に同じようなアイテムがそろい、あまり使う機会がないものも多いので、最近はファッション誌を買わないようにしている」(30代・女性)


■雑誌は贅沢品なのか

年収300万円未満では4割を切るのに対して、700万円以上は6割と高い割合になっている。

過去1年に雑誌を購入収入別グラフ

雑誌がなくても、日常生活で困ることはない。収入が少ない人は、節約のために買うのを控えるのかも。

「スマホやパソコンは持ってるから、ネットで見ちゃうな。無料だし。昔よりも節約しながら、娯楽を楽しめる時代だと思う」(30代・男性)


ネットと雑誌の連動など、ネット以外の付加価値を取り入れていく必要がありそうだ。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)