「私、なんでもやるので」 新人セクシー女優・百岡いつか、素朴の裏の意外な一面とは

SOD『青春時代』の期待の新人セクシー女優・百岡いつかにインタビュー。

百岡いつか

紗倉まな、戸田真琴といった超一流のセクシー女優が所属する大手AVメーカーSOD。その中で最も制服が似合い、初々しい女性が集まるレーベル『青春時代』に期待の新人が現れた。

9月20日にデビューする百岡いつか(ももおか・いつか)は、「清純で素朴」な魅力を持つ女の子。19歳の現役大学1年生である彼女にはAVの世界がどう見ているのか、しらべぇ取材班は彼女の思いを聞いてきた。


 

■田舎から大学進学で上京

百岡いつか

会った瞬間から初々しい雰囲気が漂う彼女、聞くと生まれも育ちも岐阜県だという。

百岡:大学進学のために上京しました、大学では経営を学んでるんですけど。でも、やっぱり都会なイメージを持っていたので、みんなすごい明るい子たちばっかりだなって(笑)。


セクシー女優になりたくて上京したわけではなかったようだ。では、何が彼女を後押ししたのか。

百岡:もともと芸能界とか女優さんとかに興味があって。AV女優っていうのもひとつの女優さんって目で見れるようになったときに、なんというか…潔さっていう部分をすごく感じて、尊敬とか憧れという感じに。


実際に行動しようと思ったのは本当に最近の話で。それまでは「いいなぁ」ぐらいに思ってたんですけど、紗倉まなちゃんのSNSとかでお仕事とかの考え方とかを見たりしていて、「こういう考え方もできるんだ!」って思って。


何事にもデメリットってあると思うんですけど、その部分は考えないようにして行動に移しましたね。


 

■いい意味で普通の女の子

百岡いつか

憧れからデビューにこぎつけた彼女。普段の趣味はバレエといたって普通の女の子。

百岡:バレエは4歳から、えっと…18歳の高校卒業までやってました。Y字とかI字ぐらいならできるんじゃないですかね。だから、撮影も軟体系(のシーン)が多かった。


でも、柔らかすぎると、意外に不便なことばっかりなんですよ! 捻挫とかしやすくてすぐ外れちゃうし、肩脱臼とかもしたことあります(笑)。


いかに彼女が軟体かが伝わる話だ。ほかにもプロフィールには記載されていないが料理も好きらしい。

百岡:お弁当を作ってたりもしますし、友達にも売ったりしてました…1食200円で(笑)。やっぱりみんな作りたくないんですよ、面倒くさいから。


友達どうし仲もよかったし、「毎週何曜日は〇〇ちゃん担当ね」みたいな日を作って、ほかの子は白米だけを持参して200円とか300円とか徴収してたんです(笑)。人気のおかずは煮込みハンバーグ。私は煮物系が得意、大根とか里芋とかかな。


「あと、お菓子とかも作ってます、クッキーとかケーキとか」と教えてくれる。これは今からでもプロフィールに載せてもいいレベルかも。

次ページ
■名前の「いつか」の意味は…

この記事の画像(12枚)

あなたにオススメ