『行列のできる法律相談所』元乃木坂・市來玲奈アナを抜擢 「昔のフジみたい」と賛否

市來玲奈アナの番組進行役抜擢に批判的な声もあがっている。

(画像は行列のできる法律相談所公式サイトのスクリーンショット)

バラエティー番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、進行を務めていた徳島えりかアナ(29)が、同番組を卒業することが発表された。

その後任に、日本テレビ入社1年目の市來玲奈アナ(22)が抜擢されたことに、インターネット上では、賛否の声があがっている。

 

■徳島アナから市來アナにバトンタッチ

「緊急生放送! 今夜、急上昇ワードに上がりそうなことを発表しちゃいますSP」と、題された19日の放送。徳島アナは、「9月いっぱいで『行列のできる法律相談所』のアシスタントを卒業させていただきます」と7年間出演した同番組の降板を発表した。

徳島アナは、MCの東野幸治や後藤輝基らの「イジリ」にも、見事な対応を見せるなど、番組を盛り上げていた。

後任を務めるのは、日本テレビ入社1年目の市來アナ。人気アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーで、特技のダンスを活かし、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)などに出演していた経歴を持つ。

 

■徳島アナの卒業を悲しむ声

今回の発表を受け、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「さみしい」のコメントが続出。番組の視聴者は、徳島アナの番組卒業を悲しんだ。

「徳島さん好きだったなー」

 

「えっ、徳島さんがいい」

 

「徳島アナけっこう好きだったのにな。変に目立ちすぎず、たまーにいじられ」

 

「徳島アナ好き。派手じゃないけど、キレイでスタイル良いし、声も聴きやすい」

次ページ
■市來アナの抜擢に否定的な声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ