タクシー運転手殴り逮捕の男 「1万円で家まで」交渉に批判の声が相次ぐ

交渉したとしても、殴るのは絶対にダメだ。

社会

2018/08/20 16:00

タクシー
(Scander/iStock/Thinkstock)

神奈川県警鶴見署は19日、料金の支払いをめぐってタクシー運転手の男性(30)とトラブルになり、顔面を殴ってケガを負わせたなどとして、横浜市鶴見区の会社員の男(56)を強盗致傷容疑で逮捕したと発表。

酒の勢いで起こったとみられる事件に、ネットでは驚きと呆れの声が出ている。


 

■「1万円で家まで」叶わず殴る

産経ニュース」によると、逮捕容疑は同日午前4時半頃。

男は朝まで飲酒した後、東京都台東区内からタクシーに乗車し、「自宅まで1万円で行ってほしい」と提案したという。

これに対し、男性運転手は「行けるかはわからない」と返答。その後、自宅近くまで来た際、料金メーターが約1万4000円になっていることを伝えると、男が激高し、暴力を振るった。

なお、警察の取り調べに対し、男は「トラブルになって手を出したのは覚えている」などと、おおむね容疑を認めているという。


関連記事:ファミレスで乳児の泣き声に怒る男性 店員の「皮肉な一言」でスカッと展開に

 

■批判の声相次ぐ

この報道に対し、ネットでは批判の声が相次ぐことに。

・駅員とか抵抗できない人に強く出るタイプだと思う


・いくら料金で揉めたとしても殴るのは論外だ


・人間として終わってますね

次ページ
■「1万円で」交渉に厳しい声も

あなたにオススメ