虐待児童の持つ「玩具」に感じたリアル 『絶対零度』視聴者が推測し反響広がる

潜入捜査の中で出会った、虐待を受ける少年。彼が大切にしていた「おもちゃ」を視聴者が深読みし…

エンタメ

2018/08/21 13:00

絶対零度 第7話
(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

凶悪犯罪を未然に防ぐAIシステム「ミハン」の実用化に向け、沢村一樹演じる元公安刑事・井沢範人らミハンメンバーが暗躍するドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)。

20日放送の第7話では、潜入先で母親から虐待を受ける少年に遭遇。少年が大切にしていた「おもちゃ」の意味を視聴者が深読みし、話題となっている。


画像をもっと見る

 

■仲間の死に揺れ動くメンバーたち

法で裁くことができない犯罪者に対し、制裁殺人を繰り返していたメンバーの田村薫(平田満)。彼が自らの罪を自白し自殺してしまったことを受け、メンバーたちは新たな捜査へ乗り出せないでいた。

そんな中、責任者の東堂定春(伊藤淳史)は「ミハンを実現させてほしい」という田村の遺言を受け、新たな任務を遂行するよう指示。しかし、南彦太郎(柄本時生)だけは田村の死を受け止めきれない。そんな南の様子に、井沢は普段後方支援を担っている彼を捜査に連れ出すのだった。


関連記事:『24時間テレビ』みやぞんが挑む161kmマラソンに批判 「中止しろ」「軽蔑する」との声も

 

■母親から虐待を受ける少年

絶対零度 第7話
(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

今回ミハンがはじき出した危険人物は、実態の掴めない麻薬密売組織の関係者とされる新谷啓一(小柳友)という男。組織のボスは「喜多野」という通り名を持つ人物で、本名も顔も分からず謎に包まれていた。

新谷は2ヶ月ほど前に警察から事情聴取を受けた後、涼子(青野楓)という女性と結婚し、とある団地で生活している。ミハンメンバーは、その団地の一室に潜入するのだが、そこで母親からの虐待が疑われる7歳の少年・ユキオ(山城琉飛)と出会う。

ユキオは真夏にも関わらず長袖を着て、腕にはあざが。小田切唯(本田翼)はユキオを助けたい気持ちに駆られるが、児童相談所や警察も虐待の実態を掴めず踏み込めない状態。また、ユキオを心配した父親が、度々会いに来ているとの情報も寄せられているほか、涼子も度々ユキオを心配して食事を与えているようだった。

次ページ
■「ウィザードが一緒だから」

この記事の画像(7枚)