ジョジョの世界にどっぷり…承太郎やDIOの2m大型原画も初お披露目

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」が24日から開始。荒木飛呂彦本人の語る「展示」の魅力とは?

24日からついに始まる、「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」。開始を今か今かと待っているファンは多いのでは。

しらべぇ取材班は一足先に、ジョジョの世界を堪能してきたぞ。


 

■解説・荒木飛呂彦

展示を見るにあたって絶対に欠かせないのが、音声ガイド。なんと荒木飛呂彦先生自らが解説してくれるのだ!

主人公とライバルの条件や超能力の表現など、ここでしか聞けない解説は必聴だ。

展示エリアは8つで、それぞれにテーマが分かれている。


 

■名言がずらり

(©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社)

会場に入るとまず見えるのが、ジョジョ誕生30年の歩みを辿る「ジョジョクロニクル」。そして先に進むと…

(©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社)

「何だこれッ!?」と思わず言いたくなってしまうエリアは、光と影(主人公とライバル)が向かい合う「宿命の星 因縁の血」だ。

(©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社)

主人公たちは「白」で表現されており、その下に原画が並ぶ。

そしてライバルたちは「黒」。

(©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社)

中央の名言バナーも「俺は人間をやめるぞ! ジョジョーーッ!!」「やれやれだぜ」など、ファンならたまらないものばかり。ついつい、一つひとつじっくり見てしまう。

次ページ
■ジョジョらしいカラーイラストも

この記事の画像(15枚)

あなたにオススメ