首都高で衝突・炎上事故が発生 ドラレコが記録した「人の優しさ」に拍手喝采

高速道路で起こった事故の一部始終をドライブレコーダーが記録していた。

社会

2018/08/22 18:30

車
(AndrisBarbans/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

21日、東京・台東区の首都高速1号・上野線で乗用車が中央分離帯に衝突し、炎上する事故が発生。ドライブレコーダーが記録していた「人の優しさ」に、注目が集まっている。



 

■周囲のドライバーが男性を救助

後続車のドライブレコーダーが記録していた動画では、高速道路を左から勢いよく走ってきた青い車が、中央分離帯に衝突。別の車に乗っていた人たちが、すぐさま運転手の男性を車から引きずり出した。

そのあとすぐ、衝突した車が炎上。鎮火するまでに、およそ1時間を要したとのこと。事故を起こした男性(30)は胸を打ち、軽傷。事件については「覚えていない」と話しているという。


関連記事:認知症の疑いも車の運転を止めない男性を逮捕 「恵まれた人だと思う」との声も

 

■男性を救助したドライバーに拍手

今回の報道を受け、「Yahoo! ニュース」では、事故を起こした男性を救助したドライバーたちを称賛する声が続出。「優しい人に救われた」「自分なら助けようと思わない」といったコメントが寄せられている。

「優しい方々に救われましたね。自分なら動画を見る限り、助けようという気になれないです」


「もっと激しく火が出たら怖いし、近づくのも怖いから、自分なら行かないと思う」


「これは単独事故であって、周りの車は事故の当事者じゃないから、救護しなくても救護義務違反にならないしな。好意で助けてもらったんだから、周囲のドライバーに感謝しないと」


「この前の車の人、もしかしたら自分が事故に巻き込まれていたかもしれないのに、すぐに助けてあげて偉いと思ってしまった」

次ページ
■事故を起こした男性には怒りの声

この記事の画像(1枚)