お茶どころ静岡県民が砂糖の入った茶を? ソウルドリンク「うす茶糖」が話題

静岡の甘いお茶が話題

地域

2018/08/24 09:00

グリーンティー
(kazoka30/iStock/Thinkstock)

猛烈な暑さが続く日本の夏に、冷たい飲み物は欠かせない存在。全国どこにでも置いてある自動販売機では、手軽にジュースを購入することもできる。

ところが飲食店に入ると、見たこともない珍しいドリンクがメニューに載っていることも。

23日に放送された『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では、静岡県にフォーカスし、熱愛ドリンクを発掘した。



 

■静岡県民のソウルドリンク・うす茶糖

静岡の飲み物といえば、多くの人が緑茶を思い浮かべるだろう。しかし、今回紹介された熱愛ドリンクは「うす茶糖」と呼ばれる粉末状のお茶だった。

一体どのような飲み物なのだろうか。静岡県民は…

「めちゃめちゃうまいです。ソウルドリンクなんで! 1つのジャンルとしてお茶はお茶、うす茶糖はうす茶糖」


「お茶くらい有名だと思うよ。俺はお茶かうす茶糖を飲むかと言ったらうす茶糖を飲むけどね。夏といえばうす茶糖でしょ!」


と回答。うす茶糖は、緑茶の茶葉を臼で挽いて粉末状にしたものに砂糖を混ぜあわせた粉末ドリンクである。静岡では、スーパーなどで手軽に手に入るという。

アレンジもされていて、牛乳で割ったものから焼酎で割ったものが見られた。さらに飲み物だけでなくヨーグルトに入れるなど、楽しみ方は様々だ。


関連記事:アピール担当のゆるキャラまで存在! 秩父市のB級グルメ「みそポテト」が話題

 

■グリーンティーみたいな感じ?

ネットでは「グリーンティーと同じような感じ?」という声が多数見られる。


■日本茶はコーヒーや紅茶よりおいしい?

しらべぇ編集部は、全国20代~60代の男女1,371名を対象に「日本茶は紅茶やコーヒーよりもおいしいと思う」調査を実施。

全体の4割強が「おいしいと思う」と回答した。紅茶やコーヒーなどの目新しい商品が発売される中で、日本茶が「おいしい」と感じる人々がいるのは事実だ。

とはいえ中には、日本茶独特の苦味や渋みが苦手だと感じる人もいるだろう。そんな人は甘みのあるうす茶糖を飲んでみる、少しでもお茶が好きになれるかもしれない。

・合わせて読みたい→国分太一、二宮和也に「TOKIOのスポーツドリンク」を提供 その正体に視聴者驚愕

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代 男女1,371名

この記事の画像(1枚)