しらべぇ

土下座したことある? 理不尽ケースに加え「プライドある土下座」も!?

土下座するほど謝らないといけないことって…

ライフ

(©ぱくたそ)

ドラマなどではよく見るし、ネットなどではクレーマーが店員に強要するといったことが話題になる土下座。しかし、よほどの事態でない限り土下座をしたり、されたりすることはないはず。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,357名を対象に、「土下座したことがある」人の割合を調査した。

 

■男性は2割も…

「土下座したことがある」と回答したのは、全体で16.7%とやはり低め。男女では、男性が21.2%に対して、女性は12.1%と男性が9ポイントほど高い結果に。性別・年代別では

40代男性は25.9%と4人に1人が土下座経験者と、かなりの割合に。人生経験が積み重なる中で、そういったケースが起きるということではなく、男性は20代の若い世代も含めて2割前後となっている。

土下座というと大きな失敗やトラブルの謝罪が思い起こされるが、成功者は土下座と無縁なのか、年収別データを見てみると、

年収に比例して土下座経験者は増えるものの、「1000万円以上」はやや下がる。多少とはいえ、やはり「失敗しない」人のほうが出世街道を歩みやすい傾向はありそう。

 

■学生時代の部活で

実際に「土下座したことがある」という人に、話を聞いた。

「中高の部活が体育会系で、当時は体罰とか当たり前にあったし、上下関係もハンパなく厳しかったので、ミスをして土下座させられるとかしょっちゅうでした。顧問から叩かれるのはまだいいほうで、本当に怖かったのは先輩たちでしたねぇ。

 

同期が誰かミスをすると連帯責任で全員土下座させられて、ボールとか氷とか投げられて、絶対に避けちゃいけない…というか、土下座していて見えないから避けようもないんですけど。ひたすら嵐が過ぎ去るのを待つしかないっていう。

 

あの理不尽に耐えた経験があるから、多少のことでは動じなくなったけど、正直感謝はできませんし、私たちが先輩になった時は、同期で話し合って全部そういうの止めました。だってヒステリックに物を投げてたの、大概は下手な先輩でしたから」(40代・女性)

 

「新人時代の上司がすごくいい人で、『責任は俺が取るから、好きにやれ』ってタイプで、トラブルが起きた時の謝り方も見事でした。

 

営業だったんですが、自分たちが注意しても現場でトラブルが起きることはあって、『問題が起きた時に、謝るのも営業の仕事だ。命までは取られないから、ミスをきちんと認めて謝るのが大事』と。一度、頭まで丸めたのもあったな。その人の場合は、どこか“土下座できる自分”に、プライドを持っている…というか。

 

自分はそこまではできないけど、部下や現場のために土下座することは、カッコ悪いことじゃないって意識があって、必要だと思えば土下座したし、なんかそういう腹の括り方ができていると、相手にも伝わるんでしょうね。それほど酷い状況になることは、そうそうないですよ」(30代・男性)

 

普通の生活や人間関係の中で、土下座しなきゃならないほど一方的に謝らなければならないことは、なかなか起きそうにない。できれば一生せずに、過ごしたいものかも…。

・合わせて読みたい→今夜「魂の土下座」だけでも観るべき! 『宮本から君へ』池松壮亮が激アツ

(取材・文/しらべぇ編集部・チーム・ ぺる

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1357名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu