『24時間テレビ』みやぞんのトライアスロンはかわいそう? 「走る意味がわからない」

『24時間テレビ』で161kmのトライアスロンにチャレンジするみやぞん。「かわいそう」だと感じている人は…。

みやぞん
(画像はみやぞん公式Instagramのスクリーンショット)

25日から26日にかけて行われる日本テレビ系の夏の名物番組『24時間テレビ』。しらべぇ既報のとおり、今年はANZEN漫才・みやぞんが161.55kmのトライアスロンに挑戦する。

これについて、ネット上では「かわいそう」という批判の声が寄せられている。


 

■「熱中症になったら…」「いじめに見える」

水泳で1.55km、自転車で60km、マラソンで100kmの合計161.55kmもの距離のトライアスロンにチャレンジするみやぞん。

同局放送の『世界の果てまでイッテQ!』などで見せる天然ぶりや肉体派な面から、チャレンジャーとして抜擢されたのだろう。

これを受け、ネット上では「ヒドイことをさせている」「みやぞんがかわいそう」の声も。今年は熱中症で倒れるニュースが相次いだが、その影響もあって批判の声は多い。

 

■トライアスロン挑戦はかわいそう?

物議を醸しているみやぞんのトライアスロンだが、しらべぇ編集部がツイッターユーザー853名に意識調査を実施したところ、4割が「かわいそう」と回答している。

「かわいそうだと思わない」はわずか6%、半数以上は「興味がない」と考えていることがわかった。


■100kmマラソンをどう思う?

トライアスロンの中には、同番組名物ともいえる「100kmマラソン」があるが、これについてもツイッターユーザー1,138名に意識調査を実施したところ、約半数が「走る意味がわからない」と回答。

「感動する」はわずか4%。

みやぞんが走ることについて、「走る意味がわからないし、かわいそう」と思っている人はかなり多いといえる。


本人の明るいキャラクターもあって、残酷な映像になることは考えられないが、「暑い中を走るのはかわいそう」「何のために走っているか意味がわからない」と思っている人が多い以上、「時代遅れの企画」という印象は否めないか。

・合わせて読みたい→『24時間テレビ』で「本当のママじゃない」と5歳息子に告白 「全国放送で言うな」と非難殺到

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ


【調査概要】方法:Twitter調査
調査期間:2018年8月22日〜8月23日
対象:Twitterユーザー男女853名/1,138名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ