みやぞん、食い逃げ犯に謎の説教 「なんでそば屋でカレー食った!」

24日放送の『金曜★ロンドンハーツ』にて、みやぞん(ANZEN漫才)へのドッキリ企画が実施された。

ANZEN漫才・みやぞん
(写真提供:JP News)

24日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日・ABC系)にて、みやぞん(ANZEN漫才)へのドッキリ企画が実施された。

過去にも彼へのドッキリを仕掛け、そのピュアすぎる精神や、度を超したお人よしな性格をつまびらかにしてきたロンハー。今回はどんな予想外の行動が飛び出したのか。



 

■ニセ企画で人間性を検証

番組は、地方局のローカル番組という名目で「カメラ男子の絶景チャリ旅」と銘打ったニセ企画を用意。みやぞんは長野・八ヶ岳で、全長12キロの道程を自転車で旅する架空のロケに挑戦する。

このニセ収録の最中、同行ディレクターがたびたび撮影準備と称して姿を消し、みやぞんは道ばたに1人きりで放置されることになる。その様子を遠距離からカメラで捉え、彼の素の行動を観察するという趣旨だ。

収録が始まると、通りすがりのファンを装った仕掛け人による厚かましすぎる要求、不自然なまでにぬかるんだ道路、ニセ警官の職務質問など、数々のドッキリが仕掛けられていった。


関連記事:浜崎あゆみの「半端ない」どアップ写真 「リハ前、リハ後」の顔写真が違いすぎ

 

■指名手配犯と偶然出会ったら…

極め付きは、指名手配ポスターが貼られた掲示板の目の前で該当の犯人が座り込んでいるところに出くわす、という不自然極まりないシチュエーションだ。ここでもディレクターと別れ1人放置されるみやぞんは、その人物が指名手配犯であることに気づいてしまう。

ちなみにその犯人の罪状は無銭飲食という設定で、報奨金は100万円と表示されていた。この時点で普通の人なら「さすがに不自然だ」と気づくところだが、ピュアすぎるみやぞんは全く疑わない。

うなだれる犯人を気遣い、「どうしたんですか?」と声をかけるみやぞん。しかし2人の会話は想像を絶するあさっての方向へ転がり始めるのだった。

なお、犯人の言動は、全てモニタールームの山崎弘也(アンタッチャブル)からの指示によるものだ。

次ページ
■「そば屋ではそばを食べるべき」