別れたくない…死んだ父と添い寝していた男 「切なすぎる」と悲痛な声

東京都中野区で死んだ父と添い寝をしていた男が死体遺棄の疑いで逮捕。ネットは同情の声相次ぐ。

社会

2018/08/27 20:00

(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Getty Images Plus)

遺体を自宅に放置したとして、27日、東京都中野区の職業不詳の男(52)が死体遺棄容疑で逮捕されたことが判明。警察は、同居していた父親(89)のものとみて身元確認を進めている。



 

■寂しくて…時おり添い寝

男は今月上旬から26日の間、自宅に父親とみられる男性の遺体を放置した疑いが持たれている。男は容疑を認め、「青汁を飲んだ父親がむせ、翌日に冷たくなった。死んだのはわかったが別れたくなく、時折、添い寝をしていた」と話している。

事件発覚のきっかけは、今月26日、近所の住民が交番に「異臭がする」と相談したこと。その後、警察官が男の家の和室で布団がかけられた状態の遺体を発見した。


関連記事:浜崎あゆみの「半端ない」どアップ写真 「リハ前、リハ後」の顔写真が違いすぎ

 

■「切なすぎる」と悲痛な声

死体遺棄という大罪の容疑をかけられた男。それでも男の「別れたくない」発言は多くの人の心を揺さぶっており、ネットには「つらい」「気持ちわかる」と悲痛な声が相次いでいる。

・この年齢だと、死ぬ直前まで介護していたのかもしれない。ずっと一緒にいた人が亡くなるなんて、そりゃすぐには受け入れられないよ


・唯一の肉親だったんだろう。肉親の死の悲しさは経験したものにしか分からない


・確かに死体遺棄なんだけど、いきなり逮捕ってなんか切ない。制度的にもう少し優しくしてあげてもいい気がする


・現実的な対処の方法が分からなかったんでしょう。何かあった時に相談できる相手が一人でもいたら、おかしいと気づいてあげられる人がいたら…


■「甘えてはいけない」と厳しい声も

一方で、「甘えるな」「親を送るのは子供の役目」などと厳しい声もあがっている。だが、その厳しい声の中にも優しさが見て取れるのは、この事件に同情している人が多い証拠なのだろう。

・自分も親の死を経験したことがある。だからこそ言うが、甘えてはいけない。きっとお父さんも、添い寝なんて望んでないよ


・親を送るのは子供の役目です。肉親の死は本当に辛いけど、恩返しだと思ってちゃんと看取ってあげてください


・あと数年経ったら、あの時ちゃんと葬ってあげてればって後悔すると思う。だから今、ちゃんとやっといた方がいい


ネットに相次ぐ、男に対する同情の声。その中には、同じく肉親の死を経験した人のコメントも少なくない。誰しもに起こりうることだけに、多くの人の心を揺さぶる事件だったのだろう。

・合わせて読みたい→『イッテQ』出川ガール・堀田茜に「修正」疑惑? 「衣装もヤバすぎる」と騒然

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

この記事の画像(1枚)