日本に初めて来たアメリカ人が語る「日本の民泊で泣くほど感動した5つの理由」

民泊っていいよね! 初来日のアメリカ人が感動した理由とは

ライフ

2018/08/28 12:00

はじめての海外旅行は、どのホテルにするか選ぶのも一苦労。だが、初来日したアメリカ・テキサス州に住むジョナサンさんは、ホテル泊ではなく、なぜか予約が難しそうな民泊をチョイス。

なぜ彼が民泊を選んだのかというと、民泊サイト『HomeAway』が、彼の出身地であるオースティンに本社があるため。ちなみに知り合いもHomeAwayで働いているそうだ。


画像をもっと見る

 

■民泊で感動した理由

テキサスからほとんど出たことがないというジョナサンさんだが、ホテルではなく民泊を選んで本当に良かったと記者に語ってくれた。

いったいなぜ彼は民泊を選んで良かったと感じたのか? その理由を詳しく聞いてみると、以下の5つの要素があるのだという。


関連記事:新法で民泊ビジネス縮小の報道も 実際に利用したい日本人はどれくらい?

 

①日本の温かいもてなしに感動できる


「ホテルだとアメリカも日本もそんなに変わらないと思うけど、民泊を使って泊まったキョウカさんの家は本当に日本の家に泊まりに来たみたいに温かかった。


とてもフレンドリーだし、暑い日にはスイカを切ってくれたりサービスも良かった。日本にお母さんがいるように感じたよ」



②日本の家のハイテクさに感心


「日本の家はトイレに尻を洗う装置(ウォシュレット)がついていてビックリしたよ。僕の住んでいるテキサスだとついている家はまず無いからね。


あと、エアコンも日本語だからわからなかったけど色々設定できて面白い。日本の家ってけっこうハイテクなことが知れて楽しかった」


③安いので浮いたお金でいいものが買える


「キョウカさんの家はベッドも広くて、個別に鍵がない以外はほとんどホテルと変わらないのに値段は半額以下。ムチャクチャ安かった。


だからあまったお金でテキサスに持って帰る最高級の日本茶も静岡に行って買えたし、泊まるところのクオリティを下げずに値段は安くなって最高だったよ」


④地元の美味しい店を歩いて探せる


「僕の泊まった場所は練馬区の平和台って駅の近くだったんだけど、住宅街なのに歩いてみると意外と美味しそうなレストランがたくさんある。


ふらりと立ち寄ったピザ店が物凄く美味しくて、使っている薪を1本もらっちゃったぐらい(笑)。もちろんテキサスに持って帰ったよ。


こういうのって繁華街にあるホテルじゃ絶対できない楽しみ方だよね。初めての日本が最高だったのは、民泊にしたおかげだと思う」


⑤コンビニに行くのが楽しい


夜中に入ったコンビニ、あれがムチャクチャ楽しかった。住宅街の深夜のコンビニってテキサスの郊外にあるガソリンスタンドの売店みたいでちょっと懐かしかったんだ。


繁華街にもコンビニがあるんだろうけど、あのちょっと寂しげな雰囲気は出せないんじゃないかな。



■HomeAwayは日本語サイトもある

ちなみに、今回ジョナサンさんが利用したHomeAwayは、日本語サイトももちろんある。記者も何回か利用したが、北海道で使ったときはその便利さにジョナサンさん同様に感動したものだった。

日本でも海外でも多数の物件があるHomeAway、海外で地元の人の暮らしを体験したい場合や、ホテルに飽きたプロの旅行者にはとくにおススメ。気になる人はぜひチェックしてみよう。

・合わせて読みたい→日本の常識はほぼ通じない!? 「初めてインドへ行った日本人」が衝撃を受けること5選

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(11枚)