それは家出じゃないでしょ… 成人した息子が一晩帰らないだけで号泣する親

過干渉の親を持つと…

人間関係

2018/08/29 11:00

家出したことがある
(©ぱくたそ)

家に居場所がないと感じている子供たちが家出する事例は、昔から一定数あった。しかしネットが普及した現代では、SNSで知らない人に援助を求めるケースが増えている。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「反抗心について」の調査を実施。

「家出をしたことがある」と答えた人は、全体で15.7%。割合は少ないが、その中には悲痛な思いを抱いた人もいるのだろう。


画像をもっと見る

 

■友達の家を転々と

性年代別で見ると、30代男性が一番多い割合になっている。

家出したことがある性年代別グラフ

親との関係がうまくいかずに、友達の家を転々としていた男性もいる。

「父親が厳しい人で、それに反抗するように中学から悪いグループとつるむように。家に帰りたくないから、友達の家を転々として過ごすことが多かった。


家族ももはや放置していると思っていたら、ある日、父に『いい加減にしろ』と言われ殴られた。ドラマならそこから仲直りとかあるんだろうけど、さらに関係は悪化。父とは分かり合えないままだったので、家族愛を描いた話は今でも嫌い」(30代・男性)


関連記事:浜崎あゆみの「半端ない」どアップ写真 「リハ前、リハ後」の顔写真が違いすぎ

 

■夫婦喧嘩で家出

結婚して子供を持ってから、家出する人もいるようだ。

「夫婦喧嘩の怒りが収まらず、父が家を出ていった。母を始め家族全員が『すぐに帰ってくるだろう』と思っていたら、母方の祖母から電話が。


家出をしたものの行くところがないために、喧嘩相手である母の実家に身を寄せていたそう。めちゃくちゃかっこ悪くて、恥ずかしかった」(30代・女性)


■成人男性が1日家に帰らなかっただけで…

まじめなはずのガリ勉だった人も、3割以上が家出を経験している。

家出したことがある傾向別グラフ

ずっと親の言う通りに勉強してきて、疲れてしまったのだろうか。

「一人っ子だからか、ものすごく親が過干渉で…。20歳を超えてもそんなのが続くので、窮屈で仕方なかった。


ある日、帰るのが面倒になり、ネットカフェで一晩過ごすことに。親からの連絡を無視しているとどんどんエスカレートしていくので、スマホの電源を切った。


朝になって家に帰ると、『なにしてたのよ…』と母が号泣。『家出するなんて』と言われたけど、成人した大人が一晩、帰らなかっただけなのに」(20代・男性)


小さな反抗で終わればいいが、それをきっかけに本格的な家出に発展することもある。家族のあり方が、問われるときなのだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)