石原さとみの「ビッチ発言」に「わかる」 女子から共感続出の『高嶺の花』

好きでもない男に抱かれてリセットする…野島伸司ならではの台詞に共感が相次ぐ。

石原さとみ
(『高嶺の花』)

22日、石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の第8話が放送。

石原演じるももの衝撃的な発言に、お茶の間がざわつく一幕があった。



 

■今度はももが精神崩壊

兵馬(大貫勇輔)の生け花に魅了され、交流を深めるもも。しかし、兵馬はももが華道家として必要な「もう一人の自分」を失っていることを見抜いていた。

そんななか、次期家元争いをするももとなな(芳根京子)の技量を見極める「俎上」の日がやって来る。二人が生けた花は対照的な仕上がりで、一方は絢爛豪華で鮮やか、もう一方は限りなく淡い色合い。

結果、絢爛豪華で鮮やかな作品を作ったななが勝利。家元に見放されてしまったももが今度は精神を壊し、兵馬に抱かれることによって「もう1人の自分」を取り戻そうとする…という、行動原理が芸術家すぎて、一般庶民にはなかなか理解できない感じの展開に。


関連記事:浜崎あゆみの「半端ない」どアップ写真 「リハ前、リハ後」の顔写真が違いすぎ

 

■石原さとみ「ビッチよねえ」

その後、心配するななに対し、ももは…

「抱かれるの」


「体から上塗りして、心をリセットするの」


と発言。さらに…

「ビッチよねえ。寂しくて流される軽い女みたい」


「ああでも…彼女たちもそうやってバランス取ってるのかもねえ」


と自嘲的に語った。

次ページ
■女性から反響が相次ぐ