きょうだい児の葛藤に共感続出の『グッド・ドクター』 間宮科長推し激増も

障がいや病気の兄弟を持つ「きょうだい児」という呼び方の存在を知って、関心を深める人たちも

山崎賢人演じる「すべての子どもを大人にしたい」と願う主人公・新堂湊の小児外科医としての成長が、多くの人を惹きつけている『グッド・ドクター』(フジテレビ系)。

30日夜10時より、病気の子供とその家族の葛藤を描いた第8話が放送された。


 

■大病を患う幼い弟と…

上野樹里
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

腫瘍で入院中の患者・早見陽翔(鳥越壮馬)と母・香織(酒井若菜)、兄・翔太(池田優斗)の様子を瀬戸夏美(上野樹里)は気にかけていた。

酒井若菜
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

香織が高山誠司(藤木直人)に陽翔を診てもらうため、夫・隆(岡部尚)を残して東京へ引越し、その影響で地元を離れて転校した翔太の負担も感じていたからだ。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

夏美が心配する中、看病疲れで階段から転落した香織が急患として運ばれる。命に別状はなかったものの、ケガを隠して世話をする香織に甘え、外出したいと駄々をこねる陽翔に翔太は怒りをぶつける。

藤木直人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

そんな家族を小児外科チームみんなが気にかける中、夏美は陽翔の腫瘍から出血の兆候があると高山に報告。出血があればすぐにでも緊急手術が必要で、造影検査を再度行なうことにする。

山崎賢人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

そんな時、人目を忍ぶようにトイレに入る陽翔を新堂湊(山崎賢人)が目撃する。香織たちに心配かけないよう、密かに血を吐いていたのを湊が見つけたところで陽翔は倒れ、緊急手術することに。しかし、高山は別の患者の手術中だった。

戸次重幸,山崎賢人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

急を要する上に難しい手術で、誰もが高山でなければと考える中、湊は間宮啓介(戸次重幸)に執刀してくれと必死に説得し…。


 

■湊のかわいさが大渋滞!

山崎賢人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

いつも天使レベルにかわいい湊だが、今回はオープニングから、別の病棟に入院している滝川亮平(萩原利久)に恋をした森下伊代(松風理咲)につき合って、ぺんぎんみたいにひょこひょこ歩く姿が「かわいすぎか!?」状態。

さらに副院長・猪口隆之介(板尾創路)にハメられ、屋台で自棄酒を煽って管を巻いていた間宮を見つけ、話しているうちにビールをなめてぷるぷるするとか、わけがわからなくなるレベルにかわいい。

そしてラストは、線香花火をしている夏美を見つめる“も、もしかして、恋しちゃった!?”な瞳も…。

一般の視聴者だけでなく、シンガーソングライターの大塚愛も、今回の湊の「かわいさ大渋滞」ぶりに反応していた。

次ページ
■きょうだい児の葛藤

この記事の画像(10枚)

あなたにオススメ